2022.8.3

「すべて10分以内で完成!」バタバタな朝にもぴったりの“時短おかず”レシピ5選

身支度に忙しい朝は、時短で満足できるおかずが大活躍します。そこで今回は、バタバタな朝にぴったりな、「10分以内で完成するおかず」のレシピをご紹介します。見た目がかわいいベーコンエッグカップや、濃厚な味わいのクリームチーズ風味ポテトサラダなど、幅広いメニューをピックアップ!ぜひチェックしてくださいね。

1.簡単かわいいベーコンエッグカップ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

朝からテンション上がる!簡単かわいいベーコンエッグカップのご紹介です。ロングベーコンで作った円に卵を落とし、塩こしょうをして焼き上げました。ベーコンの旨味が染みた卵はまろやかで、ジューシーな味わいに。見た目のインパクトだけでなく、しっかり食べごたえもありますよ。パンにもごはんにも合う一品です。

材料(2人前)

  • 薄切りロングベーコン・・・2枚
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 水・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • サラダ油・・・小さじ1
  • ベビーリーフ・・・20g
  • ミニトマト・・・4個

作り方

1.薄切りロングベーコンを横長に半分に切り、4cm程ずらして重ね、円を作ります。同様にもう1個作ります。
2.フライパンを中火で熱し、サラダ油を入れ、キッチンペーパーで全体に広げます。
3.1を置き、中に卵を入れます。
4.水を入れ、蓋をし、弱火で3分程度加熱し、卵が白っぽく固まったら塩こしょうをふり、火から下ろします。
5.皿にベビーリーフ、ミニトマトと共に盛り付けて出来上がりです。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.朝食に ブロッコリーとトマトのツナコーン和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

彩りがよく、食卓を華やかにするブロッコリーとトマトのツナコーン和えはいかがでしょうか。電子レンジで加熱したブロッコリーと切ったミニトマトを、ツナ、コーン、調味料などと和えるだけ。ツナのコクとコーンの甘みが野菜のおいしさを引き立てて、とってもおいしいですよ。味つけにはマヨネーズを使うので、子どもでも食べやすい味わいです。

材料(2人前)

  • ブロッコリー・・・150g
  • ミニトマト・・・4個
  • ツナ水煮 (正味量)・・・50g
  • コーンの水煮 (正味量)・・・50g
  • (A)マヨネーズ・・・大さじ2
  • (A)塩こしょう・・・ひとつまみ

作り方

準備.ミニトマトはヘタを取り除いておきます。
1.ミニトマトは4等分に切ります。
2.ブロッコリーは小房に切り分けます。耐熱ボウルに入れてふんわりラップをかけ、600Wの電子レンジで3分程、中に火が通るまで加熱します。
3.ボウルにツナ水煮、コーンの水煮、(A)を入れ、全体に味がなじむまで混ぜ合わせます。
4.1、粗熱を取った2を入れ、さっくりと混ぜ合わせ、器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.カリカリベーコンでクリームチーズ風味ポテトサラダ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べごたえばっちり!カリカリベーコンで作るクリームチーズ風味のポテトサラダレシピです。電子レンジ加熱をして潰したじゃがいもと混ぜるのは、焼いたベーコンとクリームチーズ、調味料。ジューシーなベーコンとホクホクのじゃがいも、濃厚なクリームチーズが合い、たまらないおいしさです。身近な調味料だけでできるので、ぜひ試してみてくださいね。

作り方

準備.パセリはみじん切りにしておきます。クリームチーズは常温に戻しておきます。じゃがいもの芽は取り除き、皮はむいておきます。
1.じゃがいもは一口大に切り、耐熱ボウルに入れて水で濡らしたキッチンペーパーをのせてラップをし、600Wの電子レンジで3分ほど、やわらかくなるまで加熱しフォークで潰します。
2.薄切りロングベーコンは1cm幅に切ります。
3.フライパンに油をひかずに2を入れて中火で熱し、カリカリになるまで5分ほど炒め、火から下ろします。
4.1に3、クリームチーズ、(A)を入れてよく混ぜ合わせます。
5.器に盛り付けてパセリを散らして出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ