2022.9.11

「あと一品追加したい時にも!」さっぱり味つけでお箸が進む“おつまみ”レシピ5選

炒め物や揚げ物もいいけれど、さっぱりとしたおつまみと一緒にお酒を楽しみたい日もありますよね。今回は、ささっと和えるだけで作れる「さっぱりおつまみ」のレシピをご紹介します。わかめとキャベツのナムル風や、マグロとたっぷり薬味の辛子しょうゆ和えなど、バリエーション豊富なレシピをピックアップしました!

1.さっと一品 メンマともやしの和え物

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

思わず箸が止まらなくなる!メンマともやしの和え物はいかがでしょうか。電子レンジで加熱したもやしに、メンマ、ツナ、調味料を和えた一品。メンマの旨味とツナのコクが、淡白な味わいのもやしに染みて、たまらないおいしさです。鶏ガラスープの素を使うことでさらに旨味アップ!シャキシャキコリコリの食感も楽しめますよ。

材料(2人前)

  • もやし・・・150g
  • 味付けメンマ・・・70g
  • ツナ油漬け・・・40g
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/4
  • (A)砂糖・・・小さじ1/2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

準備.ツナ油漬けは油を切っておきます。
1.耐熱ボウルにもやしを入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱します。
2.メンマ、ツナ油漬け、(A)を加えて混ぜ合わせます。
3.器に盛り付け、小ねぎをのせて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

2.ごま油香る 叩ききゅうりと鶏ササミの簡単和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

食べごたえのある、叩ききゅうりと鶏ササミの簡単和えをご紹介します。鶏ささみは電子レンジで加熱するので、お湯を沸かす必要もなし!叩ききゅうりとしょうゆ、ごま油などの調味料と和えました。豆板醤を使うことでピリッとした辛みが効いて、やみつきになるおいしさに。鶏ささみの旨味とみずみずしいきゅうりもよく合いますよ。

材料(2人前)

  • 鶏ささみ・・・1本
  • 料理酒・・・大さじ1
  • きゅうり・・・1本
  • 塩 (塩もみ用)・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・大さじ1/2
  • (A)豆板醤・・・小さじ1/2
  • (A)砂糖・・・小さじ1/4
  • (A)ごま油・・・大さじ1

作り方

準備.鶏ささみは筋を取り除いておきます。
1.耐熱ボウルに鶏ささみ、料理酒を入れて、ラップをかけ、火が通るまで600Wの電子レンジで2分加熱します。菜箸でほぐして粗熱を取ります。
2.きゅうりはヘタを切り落として塩をふり、板ずりをします。流水で洗い、水気を切り、ジップ付き保存袋に入れて麺棒でたたき、一口大に割ります。
3.1、(A)を加えて混ぜ合わせ、味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.マグロとたっぷり薬味の辛子しょうゆ和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

そのまま食べてもおいしいマグロを、薬味と合わせてアレンジしたレシピです。角切りにしたマグロを、切った薬味やしょうゆ、レモン汁などと和えてさわやかに仕上げました。練りからしを加えることでピリッと刺激をプラスし、飽きのこない味わいに。噛むほどにシャキシャキとした薬味とマグロの旨味が感じられ、クセになるおいしさです。

材料(2人前)

  • マグロ (刺身用、柵)・・・150g
  • ミョウガ・・・1個
  • 大葉・・・2枚

-----合わせ調味料-----

  • しょうゆ・・・大さじ1
  • レモン汁・・・大さじ1/2
  • 練りからし・・・小さじ1/2

作り方

1.ミョウガは細切りにします。
2.大葉は軸を取り、細切りにします。
3.マグロは2cm角に切ります。
4.ボウルに合わせ調味料の材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
5.1、2、3を入れ、よく混ぜ合わせます。
6.器に盛り付けて出来上がりです。

4.ごま油香る えのきとねぎのさっぱり和え

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

あと引くおいしさの、えのきとねぎのさっぱり和えをご紹介します。えのきと長ねぎを切ったら電子レンジで加熱し、しょうゆや塩、ごま油などで和えました。旨味たっぷりのえのきに、酢の酸味が効いた味わいがたまりません。えのきのコリコリと長ねぎのシャキシャキ感で、食感の違いも楽しめますよ。

材料(2人前)

  • えのき・・・150g
  • 長ねぎ・・・1/3本
  • (A)酢・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ふたつまみ
  • (A)黒こしょう・・・少々

作り方

1.えのきは石づきを切り落とし、3cm幅に切ります。
2.長ねぎは2mm幅の斜め切りにします。
3.耐熱ボウルに1と2を入れてラップをし、600Wの電子レンジでえのきがしんなりするまで2分程度加熱します。
4.ボウルに(A)を混ぜ合わせ、水気を切った3を加えてよく混ぜます。
5.全体に味がなじんだら器に盛り付けて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

5.やみつき!わかめとキャベツのナムル風

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

クセになるおいしさの、わかめとキャベツのナムル風を作ってみませんか。シャキシャキのキャベツと食感のよいわかめを、旨味たっぷりの鶏ガラスープの素やごま油などで香ばしく味つけした一品です。鷹の爪のピリッとした刺激も効いて、いくらでも食べられますよ。白いりごまの香りもよく、リピート確定のおつまみです。

材料(2人前)

  • キャベツ・・・100g
  • 乾燥わかめ・・・大さじ1
  • (A)ごま油・・・大さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • (A)白いりごま・・・小さじ1
  • (A)鷹の爪輪切り・・・少々

作り方

準備.乾燥わかめはパッケージの表記通りに水で戻し、水気を切っておきます。
1.キャベツはざく切りします。
2.耐熱ボウルに1、乾燥わかめを入れてラップかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。
3.キッチンペーパーで水気を拭き取り、(A)を加えてよく和えます。
4.お皿に盛り付けて出来上がりです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

お酒がどんどん進む、さっぱりおつまみを作ってみよう

いかがでしたか。今回は、和えるだけで作れるさっぱりおつまみのレシピを5つご紹介しました。さっぱりとした味わいのおつまみは、くどさがないので飽きることなく食べられるのが魅力。おつまみだけでなく、普段の食卓の副菜としても活躍しますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ