2021.7.29

ちゃちゃっと時短完成!ボリュームたっぷり“簡単チャーハン”レシピ5選

一皿でお腹もしっかり満たされる家庭料理の定番メニュー「チャーハン」。お子様にも大人にも人気なので、普段から食卓に登場する機会も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ちゃちゃっと簡単に作れるチャーハンレシピをご紹介します。お料理初心者の方におすすめな基本のチャーハンから、長ねぎや納豆、レタスなどを加えたアレンジチャーハンまで、覚えておいて損はないレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてみてくださいね。

1.基本のチャーハン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

お料理初心者の方必見!基本のチャーハンの作り方をご紹介します。おいしく作るポイントは、フライパンにごはんを加えたら、強火で手早く炒めること!こうすることでごはんに含まれている水分が飛び、お店のようなパラパラチャーハンに仕上がりますよ。シンプルなレシピなので、玉ねぎやにんじん、ピーマンなどお好みの具材を加えるのもおすすめです!ぜひ試してみてくださいね。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 長ねぎ・・・5cm
  • 溶き卵 (Mサイズ)・・・1個分
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
1.長ねぎはみじん切りにします。
2.中火で熱したフライパンにごま油をひき、1を入れて炒め、しんなりしてきたら溶き卵を回し入れ、炒めます。
3.卵に火が通ったらごはんを入れて強火で炒め、ごはんがなじんだら(A)を入れてさっと炒め、全体に味がなじんだら火から下ろします。4.お皿に盛り付け、小ねぎをかけて完成です。

2.ぱぱっと簡単!レタスチャーハン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

フライパンひとつで手軽に作れる、レタスチャーハンはいかがですか?パラッとほぐれるチャーハンにレタスのシャキッとした食感がよく合い、食べ進める手が止まらなくなりますよ!ハムの代わりにベーコンやウインナーを使うと、またひと味違った味わいに仕上がります。とてもおいしいので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・250g
  • レタス・・・80g
  • ハム・・・30g
  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • ごま油 (卵用)・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ1
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方
1.ボウルに卵を溶きほぐします。中火で加熱したフライパンにごま油をひき、卵をいれて炒めます。卵に火が通ったらフライパンを火から下ろします。
2.レタスは一口大に手でちぎり、ハムは5mm角に切ります。
3.フライパンにごま油をひき、2のハムを入れて中火で炒めます。ハムに火が通ってきたらごはんと鶏ガラスープの素、しょうゆ、1を入れて中火で炒めます。
4.味がなじんできたら、2のレタスを加えて強火でサッと炒めます。
5.レタスに軽く火が通ったらフライパンを火から下ろします。お皿に盛り付けて、できあがりです。

3.無限 長ねぎチャーハン

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

長ねぎ好きにはたまらない!長ねぎの白い部分から青い部分まで丸ごと一本使った、絶品チャーハンのご紹介です。長ねぎは、ごま油をひいたフライパンで香ばしく炒めてからごはんと合わせることで、風味豊かな味わいに!おうちによくある材料で簡単に作れるのもうれしいレシピです。普段のメニューにはもちろん、お急ぎランチや夜食にもおすすめですよ。

材料(1人前)

  • ごはん・・・200g
  • 長ねぎ・・・1本
  • 卵・・・1個
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1
  • (A)酒・・・小さじ1
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・少々
  • ごま油・・・大さじ2
  • ラー油・・・小さじ1/4

作り方
1.長ねぎは白い部分を粗みじん切りにして、青い部分をみじん切りにします。
2.ボウルにごはん、卵、鶏ガラスープの素を入れて、よく混ぜ合わせます。
3.フライパンにごま油をひいて中火で熱し、1の白い部分を入れて炒めます。長ねぎがしんなりして香りが出てきたら2を加えて炒めます。
4.ごはんがほぐれてきたら(A)を加えて強火で5分ほど炒めます。
5.全体に味がなじんだら火から下ろしてお皿に盛り付け、1の青い部分をのせ、ラー油をかけて完成です。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

人気のカテゴリ