2019.5.23

おしゃれスイーツ!基本の手作りマカロンとアレンジレシピ

お家でも作れる?マカロンをきれいに作るポイント

丸くコロンとしたフォルムがかわいらしいマカロンは、フランスを代表する焼き菓子ですが、日本では専門店ができるほど大人気のスイーツです。カラフルな色合いとバリエーション豊かな味で、おしゃれな手土産としてもおすすめです。

そんなマカロンを手作りするのは難しそうに思いますが、コツを掴めばツヤのあるきれいなマカロンが作れます。手作りなら、イベントやプレゼントに合わせてアレンジやデコレーションを楽しめるのも嬉しいですね。まずは、マカロンを作る上でおさえておきたい用語とポイントです。

実はここが重要。メレンゲを泡立てましょう

卵白を泡立てたもので、途中で砂糖を数回に分けて都度泡立てると、ツヤがあり角が立つメレンゲに仕上がります。砂糖を最初に加えてしまうと泡立ちにくくなるので、卵白を泡立てて白っぽくなってから加えてください。卵白は冷たい方が泡立ちやすいので、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておくのもおすすめです。

マカロン作りの醍醐味!マカロナージュを作りましょう

メレンゲに粉類を加えて泡を潰さないように混ぜたあと、メレンゲの気泡を潰しながら混ぜて、ツヤがある生地にすることをマロカナージュといいます。混ぜすぎるとピエができなかったり、膨らまなかったり、反対に混ぜ足りないと膨らみすぎて表面にヒビが入って割れてしまいます。マカロンをふんわりサクッときれいに仕上げるために最も重要な作業なので、何度か繰り返して作ってコツを掴んでくださいね。

きれいなマカロン。実はピエがあるんです!

フランス語で足の意味で、マカロンの下の方にできるフリル状の膨らみの部分のことです。マカロンのピエがあると見た目がキュートです。メレンゲの泡立てやマカロナージュが足りなかったり、生地の表面の乾燥が足りないと、ピエが上手にできません。オーブンの予熱をしっかり行って、焼くときはオーブンを見ながら温度や焼き時間を調整してください。

それではここから、マカロンの基本の作り方とプレゼントにもぴったりのかわいいアレンジレシピをご紹介します。

メレンゲ用に卵黄と卵白を分ける

まずはメレンゲを作るための卵白を上手に取り分けましょう。方法は3種類あります。 一つ目は、卵にヒビを入れて半分に割り、殻を使って卵黄と卵白に分ける方法。二つ目は、ボウルに卵を割り入れてから、スプーンを使って黄身をすくい上げて分ける方法。三つ目は、ペットボトルを使って黄身を吸い上げる方法です。
分けるときは卵の殻が入ったり、黄身が割れて混ざらないように慎重に行いましょう。

シンプルなマカロンに挑戦!基本のマカロンの作り方

マカロンの基本の作り方をご紹介します。
しっかりとメレンゲを作り、マロカナージュして生地を絞ったら、天板の下を数回叩いて余計な気泡を抜くと、膨らみすぎや表面が割れるのを防げます。繰り返し作って、ぜひコツをマスターしてくださいね。
基本のマカロンが作れるようになったら、製菓用パウダーを使って生地の色を変えたり、チョコレートのガナッシュの味を変えたりアレンジを楽しんでみてください。

人気のカテゴリ