2022.7.21

びんちょうまぐろとは?まぐろとの違いやおすすめレシピをご紹介

回転寿司などで人気の「ビンチョウマグロ」。別名ビンナガマグロやトンボマグロとも呼ばれ、あっさりとしていながらも脂ののった味わいは格別です。今回は、ビンチョウマグロの特徴をはじめ、ほかのマグロとの違いや、おすすめの調理法などをご紹介します。記事後半でご紹介するマグロのアレンジレシピも必見ですよ!

ビンチョウマグロとは?

「ビンチョウマグロ」とは、スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属の魚で、別名「ビンナガマグロ」や「トンボマグロ」とも呼ばれています。体長1〜1.4m前後とマグロの中では小型種で、胸ビレがとても長く「鬢(びん:頭の左右の髪)」のように見えることから、その名がつけられたと言われています。

ビンチョウマグロは世界中の温帯〜亜熱帯に生息しており、日本近海では太平洋側で水揚げされることが多いです。主な産地は宮城県、高知県、三重県などで、一年を通して獲れますが、旬である冬には脂がしっかりとのって格別のおいしさになります。ほかのマグロと比べて漁獲量が多いので、マグロの中で一番リーズナブルな価格で購入することができるのも魅力のひとつです。

ツナ缶の原料に使われる

ビンチョウマグロの身は淡いピンク色で、加熱すると白くなるためツナ缶の原料にされることが多いです。ツナ缶の原料としては高級品とされており、ビンチョウマグロを使ったものは「ホワイトミート」、キハダマグロやカツオを使ったものは「ライトツナ」や「ライトミート」として区別されています。

また、脂ののった時期に獲れたものを冷凍し、これを「ビントロ(ビンチョウマグロのトロ)」として売り出したところ、生食用としても人気を集めるようになりました。現在では回転寿司でなどで人気のネタとなっており、脂ののったとろけるような味わいを楽しむことができます。

ほかのマグロの種類

ビンチョウマグロのほかに、マグロにはどのような種類があるのでしょうか。代表的な品種をいくつか見てみましょう。

◼︎クロマグロ(本マグロ)
体長3m程になる大型種で、マグロの中で最高級品とされています。色や味わいが濃厚でほのかな酸味があり、大トロの部分が多いのが特徴です。1本数百万円で取引きされることもある、まさにマグロの頂点ともいえる存在です。

◼︎インドマグロ(ミナミマグロ)
全長2.5m程になる中型種で、主に南半球の中緯度海域に生息しています。クロマグロに並ぶ高級品で、赤身の色が濃くて甘味が強いのが特徴です。近年は漁獲量が減少しており、希少価値が高まりつつあります。

◼︎メバチマグロ
体長2.5m程になる中型種で、比較的リーズナブルな価格で出回っています。キハダマグロに比べると脂がしっかりとした味わいをしており、大トロや中トロもおいしくいただくことができます。

◼︎キハダマグロ
メバチマグロに並ぶ中型種で、世界中の熱帯・亜熱帯に広く生息しています。脂が少なくサッパリとした味わいなので、生食のほかツナ缶の原料にも使われます。メバチマグロより価格がリーズナブルなので、回転寿司やスーパーなどで見かけることが多いです。

人気のカテゴリ