2020.5.1

【こどもの日】に喜ばれるアレンジレシピ7選!催しの由来もご紹介

「端午の節句」ってなに?

5月5日は「こどもの日」ですが、「端午の節句」とも呼ばれていますよね。 中国で「端」には「はじめ」という意味があり、「端午」は「最初の午(うま)の日」のことを指しています。「午」と「五」が同じ音であることから、5が重なる5月5日が「端午の節句」に定められたという説があります。

端午の節句の由来には諸説ありますが、もともとは中国の厄払い行事だったと言われており、春から初夏へと移り変わる季節の変わり目に病気で亡くなる人が多かったために、菖蒲を使った厄除けなど邪気をはらうための行事が行われていたのだそうです。

お料理で倍楽しむ!由来も知りたい【こどもの日】

そんな「端午の節句」ですが、日本では男の子の誕生と成長を祝う「こどもの日」として親しまれるようになりました。カブトや鯉のぼりを飾ったり、行事食を食べるご家庭も多いかと思いますが、それら全てに、ちゃんとした意味があることをご存知ですか?実は、ちまきには魔除け、柏餅には子孫繁栄や、こどもの健やかな成長を願うなどの意味が込められているんです。

こうしたこどもの日の定番メニューの基本やアレンジレシピは、マスターしておくととっても便利!今回はこどもの日にぴったりな、簡単に楽しく作れるメニューやパーティーに最適なものなどをピックアップしました。ぜひお子さんと一緒に作って、楽しいこどもの日を過ごしてくださいね!

サイズがかわいい!ミニカブト春巻き

まず最初にご紹介するのは、カブトの形に仕上げたかわいらしい春巻きです。こどもの日に飾るカブトには、「男の子が病気や災難に見舞われないように」という意味が込められています。春巻きを折り紙で作るカブトと同じように折るだけで簡単にお作りいただけます。具材もこのレシピで紹介している食材だけでなく、お家にあるものやお好みのものを入れてお楽しみくださいね。

春巻きの皮でカブトを折ります。大きめサイズの皮を使うと折りやすいのでおすすめです。また、折り目をしっかりと押さえると、仕上がりが綺麗になります。皮が重なり合う部分に水溶き小麦粉を塗ることで、揚げたときに形が崩れにくくなりますよ。

人気のカテゴリ