最終更新日 2022.3.7

隠し味がポイント!おすすめのカレーレシピをご紹介

大人も子どももみんな大好きな「カレー」は、食卓に登場する機会も多いですよね。そんな人気のメニューだからこそ、簡単によりおいしく仕上げたいもの。 そこで今回は、りんごやはちみつ、ソースなど、いつものカレーがもっとおいしくなる「カレーの隠し味におすすめの食材」をご紹介します。カレーに隠し味を入れるときのコツや、隠し味を使った絶品カレーレシピは必見ですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

少し入れるだけでぐっとおいしくなるカレーの隠し味

「隠し味」とは目立たない程度に少量加え、料理全体の味を引き立たせる食材のこと。

カレールーを使って作るカレーはそのままでも十分おいしいですが、よりおいしく、自分好みの味つけにしたい場合には隠し味を加えるのがおすすめです。さまざまな調味料を隠し味に使うことで、甘みや辛味だけでなく、コクやまろやかさもプラスされ、いつもとひと味違うカレーを作ることができますよ。

隠し味を入れるときのコツ

カレーに隠し味を入れるときは、入れる分量が重要になります!入れすぎるとカレー本来の風味が損なわれ、全体の味のバランスが崩れてしまいます。最初は少量加え、味見をしながら少しずつ足していくのがコツです。

特にカレールーを使ったカレーに塩分のある調味料などを隠し味として加える場合は、そのままだと味が濃くなりがちなので、隠し味を加える分いつもよりルーを少なめにするなど調整するとよいでしょう。少し味が薄いと感じたら、塩などで少しずつ味を整えるとおいしく仕上がりますよ。

また、ほかの食材との相性やカレーのタイプを考えながら使うのも大切です。例えば、洋風のカレーには赤ワイン、和風のカレーにはみそなど、相性のよいものを選ぶのも隠し味を加えておいしく仕上げるポイントになります。

カレーの隠し味におすすめの食材10選

さてここからは、カレーの隠し味におすすめの食材10種類をご紹介します。ご家庭にある食材で、簡単に取り入れやすいものをピックアップしました。それぞれの隠し味の特徴をまとめているので、ぜひ使うときの参考にしてみてくださいね。

※こちらでご紹介しているアレンジには、はちみつを含むものがございます。1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。

■はちみつ

カレーに甘みを加えたいときには、はちみつがおすすめです。まろやかな甘みとコクがあり、カレーのスパイスを引き立てる効果もあります。どんなタイプのカレーにも馴染みやすいので、初心者の方にもぴったり。
はちみつはとろみをなくしてサラサラにしてしまう作用があるので、入れるタイミングに注意しましょう。水を入れるタイミングで一緒に加えて、沸騰した後20分以上煮込むのがコツです。

■ヨーグルト

インドカレーでは定番の隠し味のひとつ。カレーにヨーグルトを加えることでまろやかさが生まれ、コクがありつつもさわやかな後味を楽しめます。スパイスとの相性も抜群ですよ! バターチキンカレーなどを作る場合は、カレーに入れる肉をヨーグルトに漬け込んで下味をつけるのもおすすめです!

■コーヒー

少し意外に思うかも知れませんが、インスタントコーヒーも隠し味に使うことができます。コーヒーの苦味が加わることで深みのある大人な味わいに仕上がりますよ。入れすぎると苦味が強くなってしまうので、少量ずつ加えてみてくださいね。

■チョコレート

隠し味に板チョコを加えると、奥行きのある味わいが楽しめます。カカオの苦味と風味、適度な甘みがカレーと好相性!長時間煮込まなくてもコク深い味わいのカレーに仕上がりますよ。仕上げに1片ずつ加えて味見をしつつ味を整えましょう。また、カレーに加えるチョコレートは苦味が程よい、ビターチョコレートを使うのがおすすめです。

■ソース

煮込むときにソースを加えることで旨みやフルーティーな甘みが効いたカレーに!中濃ソースやウスターソースには野菜や果物、スパイス類のおいしさが凝縮されているので、少し加えるだけでもぐっと深みのある味わいに仕上がります。

■バター

バターチキンカレーでもおなじみのバター。隠し味に使うことで、豊かなコクと香り、まろやかさがプラスされます。本場インドでは「ギー」という、無塩発酵バターを煮詰めて作られる濃厚なバターが使われます。バターを隠し味で使う場合は、香りと風味を活かすため、仕上げに加えるのがポイントです。

■ジャム

ジャムを隠し味に入れると、カレー全体がフルーティーで濃厚な味わいに!インドでは、野菜や果物にスパイスを加えて漬けたり煮込んだりして作られる「チャツネ」を加えますが、ジャムでも似たようなおいしさが楽しめます。ジャムの種類によって甘みや酸味の強さが異なるので、お好みに合わせて選んでみてくださいね。

■赤ワイン

ビーフシチューなど煮込み料理の隠し味として定番の赤ワイン。カレーに入れるとフルーティーなおいしさと渋みや旨みがプラスされ、高級感のある味わいになります。肉との相性も抜群ですよ!
赤ワインは調理中にしっかりと煮詰めてアルコール分を飛ばすのがおいしく仕上げるコツです。入れすぎると酸味が強く出てしまうので注意してくださいね。

■オイスターソース

牡蠣の旨みたっぷりのオイスターソースを入れたカレーは深みと奥行きのある味わいが特徴!カレーに加えると凝縮された牡蠣のエキスと塩気でコクのある味わいに仕上がります。とくにシーフードカレーとの相性が抜群です!味が濃い調味料なので、少しずつ加えながら調整しましょう。

■ナンプラー

タイカレーなどエスニックカレーの隠し味によく使われるナンプラー。魚介の旨みが効いた独特の風味が深みとコクをプラスしてくれますよ。後味がさっぱりとしていて、さわやかな仕上がりに!レモンやパクチー、ココナッツミルクなどの食材とも好相性です。

人気のカテゴリ