2019.10.31

【いぶりがっこ】の新たな楽しみ方!絶品アレンジ8選

いぶりがっことは?

秋田県内陸部南部の伝統漬物「いぶりがっこ」。冬の間、厳しい寒さとなるこの地方で、干し大根が凍ってしまうのを防ぐために特別な方法で作られているお漬物です。
囲炉裏の上で燻し、ぬか漬けにして作られるいぶりがっこは、燻製の香りと食感の良さが最大の特徴。ちなみに本来は、燻して作られることから「いぶり漬」といいますが、秋田の方言で漬物を「がっこ」とよぶため、「いぶりがっこ」とよばれるようになったのだとか。

保存食として作られる漬物いぶりがっこは、もちろんごはんのお供として楽しまれることが多いですが、魅力はそれだけではありません。
今回は、いぶりがっこを使ったメインのおかずやおつまみなどのアレンジレシピをご紹介します。コリコリとした食感を生かしたレシピの新しいおいしさをぜひお試しください!

ワインのお供に!クリームチーズといぶりがっこの簡単カナッペ

まずはじめにご紹介するのは、ワインのお供にぴったりのいぶりがっこのおつまみです。作り方はとても簡単。クリームチーズをぬったクラッカーに切ったいぶりがっこをのせて、ハーブのディルを飾り、胡椒とオリーブオイルで仕上げるだけ!手間もかからず、特別な道具も必要ないのでおすすめです。

いぶりがっこの切り方に決まりはありませんが、食べやすく、見た目も可愛くするのがおすすめです。レシピではいちょう切りですが、細かめのみじん切りにしても食感がよく、また違ったカナッペが楽しめますよ!

柚子胡椒が香る!爽やかなトマトといぶりがっこのおつまみ

次にご紹介するおつまみも、クリームチーズといぶりがっこを使ったレシピです。こちらも刻んだいぶりがっことクリームチーズを混ぜ合わせて、トマトにのせるだけなのでとてもシンプル!クリームチーズの濃厚さがおいしい一方で、いぶりがっこの燻製味と柚子胡椒の爽やかさが効いているので、後味はさっぱりいただけますよ。

トマトを飾り付けるときは、丸型にスライスすると形も可愛く、まとまりが出ますが、お子さまでも食べやすいように半分に切ってもOK!彩りがよく見た目もかわいいのでおもてなしにもぴったりですよ。

人気のカテゴリ