2022.7.19

夏の定番“そうめん”をもっとおいしく!マンネリ解消できるアレンジレシピ5選

夏の定番である「そうめん」は食事から涼しさを運んでくれますよね。そこで今回は、飽きずにおいしく食べられる、そうめんのアレンジレシピをご紹介します。さっぱり塩そうめんや担々だれのつけそうめんなどをピックアップ!マンネリ化しがちなそうめんを楽しく味わえるレシピですので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

1.韓国の味 そうめんでビビン麺

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

韓国風にアレンジした、そうめんでビビン麺のご紹介です。そうめんと細切りのきゅうりやハム、キムチとタレを混ぜ合わせて韓国冷麺風に味つけしました。コチュジャンやごま油でコクと辛味のあるタレが細いそうめんにしっかりと絡んで、やみつきになる味わいに!温泉卵を絡めれば、まろやかな甘みが加わってさらにお箸が進みますよ。好きな具材を混ぜてオリジナルのビビン麺を作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • キムチ・・・50g
  • きゅうり・・・1/2本
  • ロースハム・・・2枚
  • 鶏ささみ (50g)・・・1本
  • (A)料理酒・・・大さじ1
  • (A)塩・・・少々

-----タレ-----

  • コチュジャン・・・大さじ1.5
  • ごま油・・・大さじ1
  • 白いりごま・・・大さじ1
  • 酢・・・大さじ1/2
  • しょうゆ・・・大さじ1/2
  • 砂糖・・・大さじ1/2

-----トッピング-----

  • 温泉卵・・・1個
  • のり・・・適量

作り方
準備.鶏ささみの筋を取り除いておきます。きゅうりはヘタを切り落としておきます。のりはちぎっておきます。
1.きゅうり、ロースハムは半分に切り、細切りにします。
2.鶏ささみを耐熱皿にのせ、(A)をかけてラップをし、500Wの電子レンジで2分火が通るまで加熱します。粗熱が取れたら身をほぐします。
3.沸騰したお湯にそうめんを入れ、パッケージの表記に従ってゆで、流水でよく洗ってしめます。
4.ボウルにタレの材料を入れて混ぜたら、水気を切った3、1、2、キムチを入れてよく混ぜ合わせます。
5.4を器に盛り、トッピングに温泉卵、のりをのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

2.さっぱり塩そうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

冷たいスープが夏にぴったり!さっぱり塩そうめんを作ってみませんか。鶏ガラスープの素をベースに、ニンニクやごま油を効かせた食欲をそそるスープが味の決め手に。ジューシーな豚バラ肉をのせれば、食べ応え抜群な一品の完成です!スープをあらかじめ作って冷やしておけば、後はとっても簡単にお作りいただけますよ。

材料(1人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • 豚バラ肉 (スライス)・・・30g
  • ゆで卵・・・1個

-----スープ-----

  • 水・・・200ml
  • ごま油・・・大さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ2
  • 塩・・・小さじ1/2
  • すりおろしニンニク・・・小さじ1/2

-----トッピング-----

  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
1.鍋にスープの材料を入れて中火で沸騰させます。ボウルに移して粗熱を取り、ラップをして冷蔵庫で30分程冷やします。
2.ゆで卵は半分に切ります。
3.豚バラ肉は3cm幅に切り、耐熱ボウルに入れ、ラップをして500Wのレンジで1分30秒程、火が通るまで加熱します。
4.お湯を沸騰させた鍋にそうめんを入れ、パッケージの表記通りにゆでて湯切りをし、流水で洗います。
5.器に水気を切った4を入れ、1を注ぎ、3、2、小ねぎをのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.めんつゆで作る そうめんチャンプルー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

こちらは、具だくさんのそうめんチャンプルーのレシピです。キャベツ、にんじん、ニラや豚肉をそうめんと一緒に炒めて、めんつゆや顆粒和風だしで風味豊かに味つけしました。あっさりとしながらも食の進む味わいで、夏のお昼ごはんにもぴったりですよ。お好みの野菜を加えていただくとアレンジが広がります。

材料(1人前)

  • そうめん (乾燥)・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量
  • サラダ油 (まぶす用)・・・小さじ1
  • 豚バラ肉 (薄切り)・・・100g
  • キャベツ・・・100g
  • にんじん・・・40g
  • ニラ・・・30g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・大さじ1.5
  • (A)顆粒和風だし・・・小さじ1/2
  • (A)塩こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油 (後かけ用)・・・大さじ1/2
  • かつお節 (トッピング用)・・・1g

作り方
準備.にんじんは皮をむいておきます。
1.キャベツは一口大に切ります。にんじんは細切りにします。
2.ニラは3cm幅に切ります。
3.豚バラ肉は3cm幅に切ります。
4.お湯を沸騰させた鍋にそうめんを入れ、パッケージの表記時間より1分短くゆでます。流水でぬめりを取ってザルに上げ、サラダ油をまぶして混ぜ合わせます。
5.中火で熱したフライパンに油をひかずに3を入れ、色が変わるまで炒めます。
6.1を入れ、キャベツに火が通るまで、中火で3分程炒めます。
7.豚バラ肉に火が通ったら、4、2、(A)を入れ、全体がなじむまで中火で炒めます。
8.ごま油を回し入れ、中火のまま全体を混ぜ合わせ、火から下ろします。
9.器に盛り付け、かつお節をのせて出来上がりです。

4.濃厚ピリ辛担々だれのつけそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ごまたっぷりのつけだれがクセになる味わいの、濃厚ピリ辛担々だれのつけそうめんをご紹介します。豚ひき肉やかつお節粉の旨味が広がるつけだれが、そうめんの細い麺にしっかりと絡んで絶品!温かいつけだれに冷たいそうめんがよく合います。一味唐辛子の量を調整すれば、お子様も食べていただける一品ですので、ぜひ作ってみてくださいね。

材料(1人前)

  • そうめん・・・100g
  • お湯 (ゆで用)・・・適量

-----つけだれ-----

  • 水・・・80ml
  • 豚ひき肉・・・50g
  • 長ねぎ・・・10cm
  • (A)白すりごま・・・大さじ1.5
  • (A)鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • (A)かつお節粉・・・小さじ1
  • (A)一味唐辛子・・・小さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方
準備.長ねぎは根元を切り落としておきます。
1.長ねぎはみじん切りにします。
2.中火で熱したフライパンにごま油をひき、豚ひき肉、1を入れ豚肉の色が変わるまで炒めます。
3.(A)を入れ、全体に味がなじんだら水を入れ強火で加熱します。ひと煮立ちしたら火から下ろします。
4.鍋にお湯を沸かし、そうめんを入れパッケージの表記通りにゆで、湯切りし、流水で洗い水気を切り器に盛りつけます。
5.3を別の器に注ぎ入れ、小ねぎを散らし、4をつけてお召しあがりください。

5.焼き肉のタレで がっつりそうめん

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

豚バラ肉でボリューム感たっぷりに仕上げた、がっつり味わうそうめんはいかがでしょうか。めんつゆのだしの風味と焼き肉のタレのコク、コチュジャンのピリ辛さが絶妙にマッチしていて、一口食べると箸が止まらないおいしさ!野菜のシャキシャキとした歯ごたえや、食べ応えのある豚バラブロック肉がおいしく、食べ終わったあとは大満足間違いなしの一品ですよ。

材料(1人前)

  • そうめん (100g)・・・2束
  • お湯・・・適量
  • 豚バラブロック肉・・・100g
  • 塩こしょう・・・ふたつまみ
  • ごま油・・・大さじ1/2
  • きゅうり・・・1/4本
  • ミニトマト・・・3個
  • ベビーリーフ・・・30g
  • (A)めんつゆ (2倍濃縮)・・・50ml
  • (A)水・・・50ml
  • (A)焼肉のタレ・・・大さじ1.5
  • (A)コチュジャン・・・大さじ1/2
  • (A)すりおろしニンニク・・・小さじ1/2
  • 白いりごま・・・適量

作り方
準備.ミニトマトはヘタを取っておきます。
1.きゅうりは細切りに、ミニトマトは縦に4等分に切ります。
2.豚バラブロック肉は一口大に切り、塩こしょうを振ります。
3.中火で熱したフライパンに、ごま油をひき、2を両面焼き目が付くまで焼き、火が通ったら下ろします。
4.ボウルに、(A)を入れて混ぜます。
5.鍋にお湯を沸かし、そうめんをパッケージの表記通りに茹で、流水で冷やします。
6.お皿に水気を切った5、ベビーリーフ、1、3を盛り付け、4をかけ、白いりごまをトッピングして完成です。

いろいろなアレンジで、そうめんを味わい尽くそう!

いかがでしたか。今回はアレンジを効かせたそうめんレシピをご紹介しました。さっぱりと食べられるものからボリューム感のあるレシピまでさまざまな味わいのレシピを取り揃えているので、夏の間、飽きずにそうめんを楽しめますよ。ぜひ参考に作ってみてくださいね。

人気のカテゴリ