最終更新日 2022.7.19

片栗粉のカロリーは?原料についても解説

揚げ物の衣や料理のとろみづけ、デザート作りにまで幅広く活躍する「片栗粉」。この記事では片栗粉の原料やカロリーについて解説します。後半では、きのこたっぷりのあんかけうどんや黒糖わらび餅風のデザートなど、片栗粉を使った絶品レシピもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

片栗粉とは?

片栗粉とは、ユリ科の多年草であるカタクリの鱗茎(りんけい)から採れるデンプンのこと。白くて光沢がある見た目が特徴です。ただし、現在では自生数が減ってしまったため、カタクリを使った片栗粉はほとんど生産されていません。

現在は、カタクリのデンプンと性質が似ているじゃがいものデンプンを使った片栗粉が主流となっています。

片栗粉は水と合わせて熱を加えると、強いとろみがつくのが特徴です。糊化というこの現象を利用して、とろみのあるスープやあんかけなどの料理を作ることができます。さらに、片栗粉は揚げ物の衣に使われることも。まぶすことで、食材の水分を閉じ込め、しっとりとやわらかく仕上げることができます。また、和菓子などのデザート作りにも活用される食材です。

片栗粉のカロリーはどれくらい?

じゃがいもでん粉100gあたりの栄養価はこちらです。

  • エネルギー 338kcal

  • たんぱく質 0.1g

  • 脂質    0.1g

  • 炭水化物  81.6g

大さじ1(9g)は約30kcal、小さじ1(3g)は約10kcalです。料理に使う際の参考にしてみてくださいね。

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

片栗粉を使った絶品レシピ

片栗粉の特徴や栄養価についてわかったところで、ここからは片栗粉を使った絶品レシピをご紹介します。主食からデザートまで幅広くピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

きのこたっぷり あんかけうどん

夜食にもおすすめ!きのこをたっぷり入れたあんかけうどんをご紹介します。旨味たっぷりのしいたけとつるりとした食感のなめこ、溶き卵を加えて具だくさんに仕上げました。ほんのり甘みのあるやさしい味のスープで、ホッとする味わいです。あんかけ仕立てで冷めにくく、アツアツが食べられますよ。

おうちで簡単 天津飯

あんがたっぷりかかった天津飯をおうちで作ってみましょう!カニカマ入りの半熟卵の上に、中華風に味つけしたあんをかけました。とろとろの卵とあんがごはんにからみ、お箸が止まらなくなるおいしさです。包丁やまな板いらずで簡単に作れるので、忙しい日の夕食にもおすすめですよ。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方はしっかりと加熱し、卵の生食を避けてください。

焼肉のタレで簡単に ブリの竜田揚げ

焼肉のタレで簡単に仕上げたブリの竜田揚げのレシピです。やわらかく旨味たっぷりのブリを香ばしい竜田揚げにしました。片栗粉を使っているので、カラッと軽い食感が楽しめます。レモンを絞ると爽やかな後味になるのでおすすめです!ごはんのおかずにもおつまみにもぴったりの一品なので、ぜひ試してみてくださいね。

チーズがとろーり モチモチいももち

モチモチのいももちにチーズをたっぷり包んだ一品。もちもちとした食感のいももちの中から、とろりとチーズがあふれます。チーズの塩気がクセになるおいしさです。おやつにもお酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

材料4つ 片栗粉で新食感かぼちゃクッキー

材料は4つだけ!片栗粉を使った新食感のかぼちゃクッキーはいかがでしょうか?薄力粉の代わりに片栗粉を使っているので、サクサクほろほろとした食感に仕上がります。かぼちゃのやさしい甘さが素朴な味わいで、どこか懐かしいお菓子ですよ。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

材料3つ 優しい味の黄身ボーロ

やさしい味わいの黄身ボーロをご紹介します。材料は卵黄と砂糖、片栗粉の3つ!材料を混ぜて丸めてオーブンで焼くだけで簡単にお作りいただけますよ。ホロホロとした口溶けのよさがやみつきになるおいしさです。生地を丸める工程も楽しいので、お子様と一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

簡単にできる 黒糖わらび餅風

片栗粉を使って簡単に作れる、黒糖わらび餅風のデザートです。ぷるぷるの食感の生地に、黒糖のコクときなこの香ばしい風味が相性抜群です!片栗粉を使った生地は冷やしすぎると固くなってしまうので、できあがったら早めに召し上がってくださいね。

いちごジャム入り水まんじゅう

ほんのり透けて見えるいちごジャムがかわいらしい、水まんじゅうのレシピです。片栗粉と水、上白糖をかき混ぜながら加熱するだけで簡単に生地が作れます!ぷるんとした口当たりとモチモチの食感が楽しいデザートです。お好みのジャムを入れてアレンジも楽しめますよ。

食感が楽しい片栗粉!さまざまな料理やデザートに活用しよう

いかがでしたか?片栗粉の特徴やカロリーに加え、片栗粉を使った絶品レシピもご紹介しました。片栗粉を使うことで、スープにとろみをつけたり、カラッと軽い食感の揚げ物を作ることができます。ホロホロとした食感の洋菓子やもっちりぷるぷるの和菓子など、特有の食感が楽しめるのも大きな魅力!さまざまな料理やデザートに片栗粉を活用してみましょう。

クラシルでは、ほかにも片栗粉を使ったレシピをたくさんご紹介しています。そちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ