2019.7.2

定番の卵焼きもアレンジ次第で楽しくなる!?卵焼きレシピ8選

朝食やお弁当に大活躍の定番おかず「卵焼き」

卵焼きは、和食の定番として幅広い年齢層の方に人気なメニューです。そんな卵焼きは作り方が簡単なのが魅力のひとつでもありますが、どうしても形や味付けがワンパターンになりがちですよね。また、いつも作っているけれど上手に焼くのは意外と難しくて、固くなってしまったり焦げてしまったり...という経験はございませんか?そんなお悩みもこちらのレシピで解消!ふわふわでおいしい基本のだし巻き卵から、さまざまな卵焼きのアレンジレシピまで厳選してご紹介します。

基本の和食 ふわふわだし巻き卵

まず最初にご紹介するのは、基本の和食「だし巻き卵」。ひと口食べると中からだしがじゅわっとあふれだし、優しい風味が口いっぱいに広がります。ふわふわのだし巻き卵は、毎日でも食べたいくらい飽きのこない味わいですよ。また、一番だしの取り方はクラシルでも紹介しておりますが、顆粒だしと水を混ぜたものでも代用可能です。おいしいだし巻き卵にぜひ挑戦してみてくださいね!

懐かしい味わい!長ネギの卵焼き

基本を押さえたところで次からは、卵焼きのアレンジレシピをご紹介していきます。こちらは、めんつゆを使った「長ネギ入りの卵焼き」です。一番だしや白だしを使わず手軽なめんつゆを使用するので、味が決まりやすくお料理初心者の方でも簡単に作ることが出来るんです。長ネギの風味と食感が卵焼きによく合いますよ。長ネギの消費にもおすすめのレシピです。

行楽弁当にぴったり!ソーセージ入り花形の卵焼き

お次にご紹介するのは、花見や行楽などのお弁当にぴったりな花形の卵焼きです。お弁当もグッと華やかになりますよ。お弁当のふたを開けて、こんなにもかわいい花形の卵焼きが入っていたら、お弁当の時間が楽しみになりそうですね。優しくて甘い味わいの卵と中心に巻いた塩気のあるソーセージの相性も抜群です。ラップや竹串・輪ゴムを使用することで、簡単に花形の卵焼きが作れますよ。

お子様大喜び!猫さん卵焼き

続いても、お弁当にぴったりなアレンジ卵焼きをご紹介。アレンジした卵焼きをワンポイントに入れるだけで、一気にかわいくて特別なお弁当になりますよ。お子様も大喜びすること間違いなしですね。猫の形は、巻き簾と割りばしで簡単に作ることが出来るので、ぜひお試しくださいね!

とろ~りチーズがたまらない!ハムチーズの卵焼き

ハムとチーズが入った洋風卵焼きはいかがでしょうか?塩気のあるハムとコクのあるチーズが優しい卵によく合う一品です。出来立ては、中からチーズがとろ~りとろけて口いっぱいにおいしさが広がりますよ。また、冷めてもおいしいのでお弁当にもぴったり!チーズ好きの方にぜひお試しいただきたい一品です。

おつまみにも最適!紅生姜入り卵焼き

朝食やお弁当のイメージがある卵焼きですが、おつまみにもおすすめです。卵焼きに紅生姜と小ねぎを入れることで、お酒のあてにぴったりに仕上がりますよ。ピリッと効いた紅生姜の風味がさっぱりとしていてクセになるおいしさです。余りがちな紅生姜の有効利用にもなりますよ。いつものシンプルな卵焼きもいいけれど、たまにはひと味違った卵焼きもいいですね。

やみつきになるおいしさ!納豆とチーズの卵焼き

こちらもおつまみに最適な「納豆とチーズの卵焼き」です。ねばねばの納豆ととろ~りチーズは相性抜群の組み合わせで、やみつきになるおいしさですよ。焼いているうちから納豆とめんつゆの入った卵焼きの香ばしい風味が立ち、思わずおなかが鳴ってしまいそうですね。納豆好きにはたまらない一品です。

彩りがきれい!アスパラとベーコンの厚焼き卵

最後にご紹介するのは、彩りがきれいな「アスパラとベーコンの厚焼き卵」です。アスパラとベーコンを卵で巻いた具だくさんの卵焼きは、朝ごはんの他、お弁当にもぴったり。また、卵にマヨネーズを入れることで、驚くほどふわふわの卵焼きに仕上がります。アスパラは事前に塩をふってレンジで1分加熱してから卵に巻くと、切ったときの断面がきれいになります。

料理のバリエーションを増やして、定番料理をもっと楽しく!

いかがでしたか?ワンパターンになりがちな卵焼きも形や調味料を変えたり、具材を変えることで、バリエーションがさらに広がりますよ。お気に入りのレシピを見つけて、ぜひご家庭のレパートリーに加えてみてくださいね。

人気のカテゴリ