2022.4.1

クレープに"おすすめの具材"はこれ!お手軽な生地の作り方もご紹介

毎日のおやつやおもてなしでも大活躍!今回はデザート系からおかず系まで「クレープ」におすすめの具材をご紹介します。具材の組み合わせ次第でアレンジが一気に広がりますよ。記事後半では、おいしいデザートクレープのレシピもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おやつにぴったり!デザート系の具材

まずは、クレープに欠かせないデザート系の具材をご紹介します。

・フルーツ

デザート系クレープの具材に、フルーツは外せません!定番のバナナやいちごはもちろん、オレンジやキウイ、桃、マンゴーなどお好みのフルーツで楽しみましょう。

・ジャム、ソース

フルーツと同じく、クレープに欠かせない具材のひとつ。いちごやブルーベリー、りんごなどお好みの味わいでアレンジできるのも魅力的です。

・ホイップクリーム

濃厚でコク深いホイップクリームは、クレープの花形的存在といっても過言ではありません。フルーツやジャムなどと組み合わせればボリューム満点な一品に仕上がります。

・カスタード

いつもより上品な味わいに仕上げたいときにおすすめなのが、カスタードです。一口食べれば卵と牛乳のまろやかな風味が広がり、やみつきになりますよ!

・チョコレート

チョコレートソースやクリームをトッピングすればとろっと濃厚に、板チョコなど固形のチョコレートを使えば食べ応えのある一品ができあがります。カラーチョコスプレーを散らして、彩りよく仕上げるのもおすすめです。

・あんこ

やさしい甘みが魅力のあんこを使えば、いつもとひと味違う和風のクレープに仕上がります。アイスクリームやホイップクリーム、いちごなどのフルーツと合わせても絶品です。

・アイスクリーム

ひんやり冷たいアイスクリームがもちもちのクレープ生地によく合い、至福のおいしさです。アイスクリームのフレーバーによって仕上がりの雰囲気も変わり、さまざまな味わいが楽しめますよ。

朝ごはんやブランチに!おかず系の具材

続いてご紹介するのは、朝ごはんやブランチにもぴったりなおかず系の具材です。

・ハム、ソーセージ、ベーコン

ハムやソーセージ、ベーコンといった旨みの強い加工食品は、おかず系のクレープには欠かせない存在です。野菜やチーズ、ツナ、卵などと一緒に巻けば、お腹もしっかり満たされます。

・チーズ

まろやかでコク深いチーズは、もちっとやわらかいクレープ生地によく合います。スライスチーズやクリームチーズなどお好みのチーズでアレンジしてみてくださいね。

・ツナ

クレープの具材には、ツナもぴったり!レタスやきゅうり、トマトなどの野菜をはじめ、マヨネーズやマヨネーズとも相性抜群です。食材の水分や油分をしっかりと切ってから使うのがポイントですよ。

・卵

クレープに加えるとボリュームが増すだけでなく彩りもプラスされ、見た目も華やかに!スクランブルエッグや目玉焼き、ゆで卵など、調理法によっても違ったおいしさが楽しめます。

・照り焼きチキン

サンドイッチやハンバーガーの具材としてもお馴染みの照り焼きチキンですが、実はクレープとも相性抜群!甘辛い味わいが食欲そそり、大人から子どもまで喜ぶおいしさに仕上がります。

・グリーンサラダ

シャキッとおいしいサラダもクレープで包くと、片手でパクッと食べられますよ。レタスやきゅうり、トマト、キャベツ、アボカドなど、お好みの野菜を使ってくださいね。ハムやチーズ、チキン、ツナなど旨みの強い具材と合わせるのもおすすめです。

クレープ生地の作り方

おすすめの具材を確認したところで、クレープ生地の作り方をご紹介します。ポイントをしっかり押さえて、おいしいクレープを作ってみてくださいね。

クレープ生地の作り方

外はパリッと、中はもちもち!手軽に作れる、クレープ生地のレシピです。薄く焼くポイントは、フライパンにクレープの生地を流し入れたら、手早く傾けて全体に広げること!こうすることで、生地が片寄って厚みにムラができるといった失敗を防ぐことができます。また、クレープ生地を裏返す際は、やけどに要注意!手で掴めない場合は、フライ返しや菜箸などを使ってくださいね。

人気のカテゴリ