最終更新日 2023.3.30

すだちとは?特徴や他の柑橘類との違い、レシピもご紹介!

すだちとは?特徴や他の柑橘類との違い、レシピもご紹介!

すだち、かぼす、青ゆず。どれも見た目がそっくりな緑色の柑橘類ですが、それぞれにちゃんと違いがあるんです!今回はそんな柑橘類の中から「すだち」をメインに取り上げ、味わいや、かぼすや青ゆずとの違いについて解説します。記事後半でご紹介しているすだちの使い道や活用レシピもぜひ試してみてくださいね!

  • 目次
  • すだちとは?
  • すだちとは?旬や大きさもチェック
  • すだちはどんな味?
  • すだち、かぼす、青ゆずの見分け方
  • かぼすの特徴
  • 青ゆずの特徴
  • すだちの使い道
  • すだちの使い切りレシピをご紹介!

すだちとは?

みかんなどと異なり、酸味が強いためそのまま食べるのには向かない「香酸柑橘類」。「すだち」「かぼす」「青ゆず」はどれもこの香酸柑橘類に属しています。まずは見た目もそっくりなこれら香酸柑橘類の中から「すだち」について特徴や味などを解説します。

すだちとは?旬や大きさもチェック

ミカン科カンキツ属の常緑樹である「すだち」。日本では、徳島県の特産品として知られており「緑の宝玉」とも呼ばれています。その国内生産量のシェアは9割以上と、徳島県がダントツ1位を誇る食材です。旬の時期は8~10月ですが、徳島県ではハウス栽培などを利用し、年間を通じて出荷を行っています。すだち、かぼす、青ゆずの3者の中ではすだちが一番小さく、そのサイズはゴルフボールかそれよりひとまわり小さい、片手で包めてしまうほど小ぶりなサイズが特徴です。

すだちはどんな味?

味覚を刺激するキリッとした酸味があるすだち。その味わいはライムに例えられることもあります。味に加えて特徴的なのは、爽やかな香りです。料理にすだちを取り入れることで、清々しい香りとさっぱりとした味わいをお楽しみいただけます。

すだち、かぼす、青ゆずの見分け方

すだちがどのような食材がわかったところで続いては、すだちと似ている「かぼす」や「青ゆず」についてもチェックしてみましょう!ここでは、それぞれの特徴とすだちとの違いや見分け方について解説します。

かぼすの特徴

すだちが徳島県の特産品であるのに対して「かぼす」は大分県の特産品です。すだちに比べると重さも2~3倍ほど重く、大きなものではテニスボールほどのサイズになります。すだち同様表面はツヤがあるため見た目はそっくりですが、切って中を見てみると果肉の色に違いがあります。すだちは緑味を帯びた黄色をしているのに対して、かぼすの果肉はオレンジがかった黄色。さらに味わいも異なり、かぼすはすだちと比べて酸味が穏やかです。一玉から大さじ2杯ほどの果汁をとることができるので、ドレッシングやジュースなどによく活用されます。

青ゆずの特徴

青ゆずは、高知県の特産品です。サイズは、すだちとかぼすの中間程度。すだちとかぼすは全体的に緑色で果皮にツヤがありますが、青ゆずは黄色混じりの果皮で表面はややボコボコしているのが特徴です。11~12月が旬の黄ゆずに対して、青ゆずはすだちやかぼすと同じく8~10月が旬の食材。黄ゆず同様、果汁はわずかで種も多いため、主に果皮を利用します。黄ゆずと比べて、青ゆずは酸味に加えて苦みもあるため、料理に取り入れることで複雑かつ奥行きのある味わいを楽しめますよ。

すだちの使い道

すだちは、果汁を使用するのはもちろん、果皮をすりおろして使ったり、果皮を薄くスライスして添えるなど、さまざまな使い方が可能です。半分に切って秋刀魚などの焼き魚に添えたり、皮を千切りにしてお吸い物に添えていただくのが一般的ですが、最近は、そばやうどん、鍋など、薄くスライスしたすだちを大胆に加えた料理も人気があります。すだちのスライスを添えることで料理に香りを移すだけでなく、爽やかな見た目も演出することができますよ。

すだちの使い切りレシピをご紹介!

すだちを丸ごと使って作るレシピをご紹介します。メイン料理の引き立て役として、また、すだちの味わいを主役にしたスイーツやドリンクのレシピもピックアップしてみました。さまざまな使い方ですだちを堪能できるレシピをぜひチェックしてみてくださいね!

すだちで爽やか 鶏むね肉のから揚げ

焼肉のタレで下味をつけた鶏むね肉の唐揚げに、すだちを添えました。食べる直前にすだちを絞れば爽やかな香りが広がりますよ。しっかりと味つけした唐揚げにすだちの酸味がよく合い、さっぱりといただけます。

すだちとおろしで 鶏むね肉と彩り野菜の焼き浸し

いつもと違う焼き浸しを食べたくなったらこちらのレシピがおすすめ!すだちの果汁を絞り、大根おろしと合わせて作る「すだちおろし」を、焼いた鶏むね肉や野菜の上にのせていただきましょう。大根おろしはそのままのせるだけでも十分さっぱりといただけますが、すだちが加わることで口の中に柑橘類のフレッシュな風味が広がり、爽やかさが増します。さっぱりとしたものが食べたい日や暑い日にぴったりな一品です。

※みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとったものを使用しています。

すだちで手作りポン酢

柑橘類の果汁やお酢などを使って作られる「ポン酢」。すだちを使っておうちで作ってみましょう!すだちを使うことで、酸味が際立つキリッと引き締まった味わいのポン酢に仕上がります。お鍋にはもちろん、炒め物などの味つけにも使えるので、覚えておくと重宝しますよ!

※みりんは、加熱を行いアルコールを飛ばし粗熱をとったものを使用しています。

すだち入り さわらの幽庵焼き

酒、みりん、しょうゆと柑橘類を加えてつくる幽庵ダレに食材を漬け込んで焼きあげる「幽庵焼き」。こちらのレシピでは、幽庵ダレにすだちを活用し、サワラを漬け込みました。すだちの風味がしっかりとサワラに移って上品な味わいが楽しめますよ。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W200℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

鶏もも肉のすだち照り焼き

食卓にのぼることの多い照り焼きも、すだちをプラスするだけでまったく違った味わいに!すだちは2個用意して、1つは薄切りに、1つは果汁を絞って使います。旨味たっぷりの鶏もも肉に甘辛いタレが絡んだしっかりとした味つけですが、フレッシュなすだちの風味が存分に感じられ、お箸が止まらないおいしさですよ!

※こちらのレシピは、はちみつを使用しております。 1歳未満(乳児)のお子様はお召し上がりにならないようご注意ください。 はちみつは、砂糖でも代用できます。それぞれ種類によって甘さが異なりますのでお好みで調整してください。

すだちでさっぱり 冷たい鶏南蛮つけうどん

うどんのつゆにすだちの香りを移していただく、すだちの鶏南蛮つけうどんはいかがでしょうか。鶏もも肉の旨味が溶けたコクのある味わいのつけつゆに、爽やかなすだちの風味がよく合い絶品!暑い季節はもちろん、温めてもおいしいので寒い時期でもお楽しみいただけます。

すだちのヨーグルトムースケーキ

おやつや食後のデザートにもぴったりな、すだちを4個を使って作るヨーグルトムースケーキです。すだちはスライスしてトッピングに、また果皮をすりおろしたものと果汁も使用して作ります。ふんわりとしたくちどけの軽さに酸味のきいた爽やかな味わいがたまりませんよ!おもてなしにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

レンジで簡単 すだちジュース

絞る手間なし!自家製すだちジュースを作ってみましょう。すだちをスライスしたら砂糖と合わせて電子レンジにかけるだけ!あっという間においしいすだちジュースの素が完成します。炭酸水などと割ってお召し上がりくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

生姜で爽やか すだちジュース

ジンジャーエールが好きな方におすすめなのが、こちらの生姜入りのすだちジュースです。作り方は先ほどと同様、スライスしたすだちや生姜と砂糖を合わせて、電子レンジでジュースの素を作ります。生姜のパンチが効いた味わいがクセになる爽快なドリンクです。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

すだちでさっぱり ノンアルモヒート風

通常はライムとミント、ラム酒で作る、すっきりと涼しげな味わいが魅力のカクテル「モヒート」。このレシピでは、ライムの代わりにすだちを使用してノンアルコールで作ります。カットしたすだちを材料と合わせて潰しながら混ぜるだけで完成!リフレッシュしたい気分のときにもおすすめです。

それぞれに違ってみんないい!柑橘類を使いこなそう!

すだちをメインにかぼすや青ゆずといった柑橘類の特徴やそれぞれの違いをご紹介しましたが、いかがでしたか。それぞれの特徴を活かした使い方があり、好みや料理に合わせて使い分けるとさらに料理の幅を広げることができますよ!こちらでご紹介した内容を参考に、ぜひ柑橘類を使いこなしてみてくださいね。

人気のカテゴリ