2022.7.6

アーモンドのカロリーはどのくらい?活用レシピをご紹介

おやつやお酒のおつまみとしても人気の「アーモンド」。栄養素が注目されることも多いですが、カロリーはどのくらいなのか気になりませんか?この記事では、アーモンドのカロリーや脂質、糖質をはじめとした栄養価について解説します。記事後半のアーモンドを使ったおいしいレシピも必見ですよ。ぜひ参考にしてくださいね。

アーモンドのカロリーや脂質、糖質は?

アーモンドのカロリーが気になるという方もいるかもしれませんね。アーモンドのカロリーや脂質、糖質をはじめとした栄養価をチェックしてみましょう。ピーナッツやくるみの栄養価も合わせてご紹介しますので、比べてみてください。

■アーモンド(いり)100gあたり

  • エネルギー 608kcal
  • たんぱく質 20.3g
  • 脂質 54.1g
  • 炭水化物 20.7g
  • 糖質 9.7g
  • 食物繊維 11.0g

■らっかせい(大粒種・いり)100gあたり

  • エネルギー 613kcal
  • たんぱく質 25.0g
  • 脂質 49.6g
  • 炭水化物 21.3g
  • 糖質 9.9g
  • 食物繊維 11.4g

■くるみ(いり)100gあたり

  • エネルギー 713kcal
  • たんぱく質 14.6g
  • 脂質 68.8g
  • 炭水化物 11.7g
  • 糖質 4.2g
  • 食物繊維 7.5g

このように比較してみると、アーモンドとピーナッツのカロリーや糖質は同じくらいですが、脂質はアーモンドの方が多めです。一方、くるみと比べてみると、アーモンドの方がカロリーや脂質は低く、糖質は高めです。

好みや用途に加えて、栄養価で選んでみるのもよいかもしれませんね。

※ピーナッツの栄養価は「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」の「らっかせい/大粒種/いり」を参照しています

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

アーモンドの脂質は「不飽和脂肪酸」

アーモンドには、100gあたり51.8gの脂質が含まれています。そのほとんどが不飽和脂肪酸である「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」です。特に一価不飽和脂肪酸に分類される「オレイン酸」が多く含まれています。

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

そのほかの栄養素

■ビタミンE

アーモンドには、100gあたり29.0mgのビタミンEが含まれています。ビタミンEは強い抗酸化作用を持つことが特徴です。

■食物繊維

アーモンドには、100gあたり11.0gの食物繊維が含まれています。特に多いのは、水に溶けにくい性質を持つ不溶性食物繊維。不溶性食物繊維は腸で水分を吸収して便のかさを増し、便通を整えます。また、余分な脂質や糖質、ナトリウムなどを吸着して便と一緒に排出するのにも役立ちますよ。

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

人気のカテゴリ