2019.10.28

【レバニラ炒め】レシピ5選と、合わせて知りたい下処理の方法

ごはんがすすむ!中華料理の定番「レバニラ炒め」

レバーの定番料理と言えば、レバニラ炒めではないでしょうか?香ばしく濃厚なレバーは白いご飯に合わせたくなるおいしさです。ニラもたっぷり入っているので、お肉と野菜がバランスよく食べられますね。今回はエスニック風味やカレー風味などのアレンジレシピをご紹介します。レバニラ炒めには欠かせない、レバーのくさみを和らげる下ごしらえの方法も必見ですよ。ぜひ今晩のおかずに作ってみてくださいね。

牛乳or塩で簡単!レバーのくさみを和らげる下ごしらえ方法

レバーの下処理の方法を2通りご紹介します。牛乳を使う方法と塩を使う方法がありますが、お好みでどちらかを選んでくださいね。
牛乳にはくさみを吸収する成分が含まれているので、漬け込むことでくさみを和らげてくれます。塩を使う場合は牛乳に比べて短時間でできるので、時間がない時におすすめです。

筋は固くて口に残ってしまうので、脂肪の白い部分と一緒に筋も取り除くようにしましょう。面倒に感じられるかもしれませんが、ここで丁寧に処理すればレバーの口当たりが格段に良くなりますよ。しっかり取り除いてくださいね。

オイスターソースなしでもおいしい!シンプルなレバニラ炒め

オイスターソースなしなのにコクがある、スタンダードなレバニラ炒めです。コクの秘密ははちみつ!甘みが出てこってりとした味わいになります。コクのあるシンプルな味付けがレバーとニラの旨味を引き立てますね。

炒める前に片栗粉をレバーにまぶすことで薄く衣がつき、味がよく絡むようになります。片栗粉を使うとたれにとろみがつくようになりますが、あまり多いとダマになってしまうので分量には気を付けてくださいね。

人気のカテゴリ