2021.11.7

料理に合わせて使い分け!“ナスの切り方”4種と最適レシピ

「ナス」は焼いてよし、揚げてよし、そして生でも食べられるおいしい食材ですよね。クラシルでも人気食材のひとつです。

ところで、いつも同じ切り方をしていませんか?ナスは料理に合わせて切り方を変えるのがおすすめなんです!今回は4種類の切り方と最適レシピをご紹介します。ナスの切り方を改めて見てみませんか?

ナスの切り方と最適レシピ!

ナスは切り方によって料理の仕上がりが変わります。ここからは切り方を動画でわかりやすくご紹介します。それでは、さっそく見ていきましょう!

ナスの乱切り

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ナスは油と相性のよい食材ですよね。炒め物や揚げ物など油を多く使うときは、乱切りがおすすめです。乱切りは表面積が大きいので油通りがよく、味も染みやすくなります。さっと仕上げたい炒め物や、タレをかける揚げ物にぴったりですよ。包丁の位置は固定し、ナスを転がして切ると一切れのサイズが揃います。

豚バラとナスの味噌キムチ炒め

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ナスは豚バラ肉と相性ぴったりです!豚バラ肉のコクのある脂が、淡泊なナスとよく合います。キムチの旨味を合わせれば、ごはんが進む炒め物になりますよ。シンプルな材料で作れるのもうれしいポイント。手間なくさっと短時間で作れますよ。ジューシーなナスの魅力が味わえる一品です。

材料(2人前)

  • 豚バラ肉 (スライス)・・・250g
  • ナス・・・2本
  • 水 (さらす用)・・・適量
  • キムチ・・・150g
  • (A)みそ・・・小さじ2
  • (A)みりん・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ2
  • 糸唐辛子・・・適量

作り方

1.ナスはヘタを切り落とし、乱切りにして水に10分ほどさらし、水気を切ります。
2.豚バラ肉は5cm幅に切ります。
3.フライパンを中火に熱し、ごま油をひいて2を炒めます。
4.色が変わってきたら1を加えてさらに中火で炒めます。
5.豚バラ肉に火が通ったらキムチと(A)を加え中火のまま炒め合わせ、よく混ざったら火から下ろします。
6.器に盛り、糸唐辛子を乗せて完成です。

ナスの輪切り

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ナスは果肉はやわらかいですが、皮は意外と噛みにくいですよね。輪切りなら、皮の面積が小さくなるのでナスをやわらかく味わいたいときにぴったりです。薄切りは和え物や浅漬け、厚切りなら炒め物や煮物、田楽などに使えます。厚みを均等にすると、火通りや味の染み方が均一になりますよ。

豆腐つくねとナスのはさみ照り焼き

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

肉ダネをナスではさんだ、はさみ焼きのご紹介です。縦に切って肉ダネをはさむ、ナスのはさみ揚げはおなじみですよね。輪切りなら火通りも早く、揚げずにフライパンで気軽に作れます。豆腐を加えた肉ダネはふわふわ!トロッと焼けた輪切りのナスとよく合いますよ。甘じょっぱい照り焼きはみんな大好きな味わいです。

材料(2人前)

  • ナス・・・2本
  • 片栗粉 (まぶす用)・・・大さじ3

-----タネ-----

  • 鶏ひき肉・・・100g
  • 絹ごし豆腐・・・70g
  • (A)片栗粉・・・大さじ2
  • (A)しょうゆ・・・小さじ2
  • (A)砂糖・・・小さじ1
  • (A)塩・・・ひとつまみ
  • (A)黒こしょう・・・ひとつまみ

-----たれ-----

  • しょうゆ・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2
  • 料理酒・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • サラダ油・・・大さじ2
  • 小ねぎ (小口切り)・・・10g
  • 白いりごま・・・適量

作り方

準備.ナスはガクを取り除いておきます。
1.ナスはヘタを切り落として1cm幅の輪切りにし、片栗粉をまぶします。
2.絹ごし豆腐はキッチンペーパーで包み、耐熱ボウルに入れてラップをせずに500Wの電子レンジで2分程加熱し、水切りをします。
3.ボウルに鶏ひき肉、粗熱を取った2、(A)を入れてよく混ぜます。
4.1の間に3をはさみます。
5.別のボウルにたれの材料を入れ、混ぜ合わせます。
6.フライパンにサラダ油を入れて中火に熱し、4を入れ、片面に焼き色がつくまで焼きます。
7.裏返して5を入れ、蓋をして弱火で4分ほど蒸し焼きにし、鶏ひき肉に火が通ったら火から下ろします。器に盛り付け、白いりごま、小ねぎを散らして完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

ナスの隠し包丁

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

隠し包丁とは、ナスの場合は皮に切り込みを入れることを指します。特に揚げ物や煮物のときによく使う調理法です。ナスを大きな形のまま火を通すときに効果的で、火が通りやすく味が染み込みやすくなるんです。見た目も華やかになりますよ。できるだけ一定の間隔で切り込みを入れると仕上がりがきれいです。

人気のカテゴリ