最終更新日 2019.5.13

生クリームで濃厚に!パンナコッタのアレンジレシピ7選

パンナコッタってどういう意味?

生クリームと牛乳のとろける、クリーミーな味わいが後引くおいしさのパンナコッタは、イタリア発祥の洋菓子です。イタリア語で生クリームを意味する「パンナ」に、煮たという言葉を意味する「コッタ」を合わせて「パンナコッタ」と名付けられました。

その名の通りパンナコッタは、生クリームと牛乳、砂糖を混ぜ合わせて火にかけたものを、ゼラチンなどを使って固めたものです。見た目は真っ白なデザートですが、トッピングにするソースにバリエーションを持たせることで、様々な味わいが楽しめます。

いちごジャムでアクセントを。基本のパンナコッタレシピ

まずは王道の濃厚なミルクの味が楽しめる、パンナコッタをご紹介します。くちどけの良いなめらかなおいしさは、食後のデザートとしてもぴったりですよ。今回はいちごジャムを使いましたが、マーマレードジャムや黒蜜、はちみつなどお好みにアレンジしてお楽しみくださいね。

リピ確定!さっぱりとした味わいが人気のマンゴーパンナコッタ

トッピングに色々なソースを使って、バリエーション豊かに楽しめるパンナコッタ。こちらのレシピでは裏ごししたマンゴーと、ゴロゴロと角切りしたマンゴーのふたつの味わいを贅沢に楽しめます。さっぱりとしたパンナコッタは、誰にでもおすすめしたい一品です。

人気のカテゴリ