2022.7.29

生クリームにも種類がある?それぞれの違いを詳しく解説

お菓子作りをはじめ、料理にも使われる「生クリーム」。売り場をのぞいてみると、さまざまな種類が置いてありますよね。そんな生クリームには原料や乳脂肪分などさまざまな違いがあることをご存知ですか?今回は、生クリームの種類や特徴、おすすめの使い分け方法について解説します。

生クリームとは?どんな種類があるの?

お菓子作りだけでなく料理にも使うことの多い生クリームですが、ここでは、そもそも生クリームとはどういったもので、どのような種類があるのか、それぞれの特徴について解説します。

■動物性生クリーム
クリームは生乳から乳脂肪を取り出したものです。乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)において「生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18.0%以上にしたもの」と定義されています。

実際スーパーなどでは原材料が牛乳以外の生クリームも売られていますが、それを区別するために牛乳からできているものはパッケージに「純生クリーム」と表示されていることもあります。

■クリームに乳化剤や安定剤を加えたもの
動物性の脂肪分が使われているため生クリームと同じような味わいになりますが、乳化剤や安定剤が加わることで分離しにくく、ホイップするときに扱いやすいというメリットがあります。

■コンパウンドクリーム
コンパウンドクリームとは、乳脂肪に植物性脂肪を加えたもののこと。動物性の乳脂肪とヤシやパーム、大豆の油など植物性の脂肪分を加えて作られることが多いようです。生乳100%の生クリームよりも風味は弱いですが、口当たりが軽いのが特徴で、安価で購入できます。

■植物性脂肪のみのもの
生クリームは動物性の乳脂肪のみを使って作られるのに対し、植物性脂肪のみで作られたクリームもあります。植物性のみのクリームはパーム油やヤシ油などが原料で、動物性の乳脂肪を使ったものと比べると風味や口当たりが軽く、さっぱりとした味わいが特徴です。

生クリームとホイップクリームは何が違うの?

スーパーに行くとパッケージに「ホイップ」や「フレッシュ」と書かれたクリームが生クリームと一緒に置いてありますが、これらはホイップクリームに分類されるものです。

「ホイップ」とは英語で「泡立てる」という意味なので、泡立てたクリームのことをホイップクリームと思っている方も多いかもしれませんが、乳脂肪分をすべて植物性の脂肪分に置き換えた「植物性の生クリーム」を指す場合もあります。

生乳や牛乳を原料としている場合は生クリーム、植物性の原料を使用している場合はホイップクリームと覚えておくとわかりやすいですね。

それぞれのクリームの味わいは?

生クリームは含まれている乳脂肪分の違いによって味わいが異なります。ここでは乳脂肪分35%の生クリームと植物性脂肪分40%のホイップクリームを泡立てたときの味わいや見た目の違いをご紹介します。

■乳脂肪分35%の生クリーム
<味わい>
泡立てた生クリームは空気を含んだふわふわの食感。口に入れるとクリームがすーっと溶けていきます。また、ホイップクリームにはないミルクのコクと香りが感じられ、乳製品特有の風味を堪能できます。

<色>
生クリームは生成のようなうっすらと黄色がかった色をしています。白さを求める料理やお菓子を作る場合には向いていませんが、温かみを感じる見た目にしたいときは生クリームを使うのがおすすめです。

<見た目>
クリームは乳脂肪分が高いものほどなめらかでつやのあるものに仕上がります。絞りだしたクリームは角が丸くやわらかな印象があり、形のキープ力はやや弱いです。泡立てすぎるとぼそぼそとした見た目になるので気をつけましょう。

■植物性脂肪40%のホイップクリーム
<味わい>
生クリームと比べると密度が高くもったりとしたなめらかな食感。その割にはキレがよく、生クリームよりあっさりとした味わいです。ミルク特有の香りや風味を抑えたい方はこちらを使ってみてくださいね。

<色>
泡立てたホイップクリームの色はほぼ真っ白。生クリームのように黄色がかっていないので、お菓子を白く仕上げたい場合はホイップクリームを使うのがおすすめです。

<見た目>
ホイップクリームは生クリームよりも形を保ちやすい特徴があります。デコレーションの形をできるだけ長く保ちたいときは、かたさの変わりにくいホイップクリームが作業に向いています。

人気のカテゴリ