2021.12.3

「カプレーゼ」について詳しく解説!名前の由来やおすすめレシピもご紹介

トマトやモッツァレラチーズ、バジルを使って作る「カプレーゼ」。その鮮やかな見た目はもちろん、素材のおいしさをダイレクトに楽しめるさっぱりとした味わいで、前菜やおつまみとして人気があります。

今や発祥の国であるイタリアを飛び出して、日本を含め世界中で親しまれていますが、なぜこの食材が使われるのか、またこの鮮やかな色合いの理由はなんなのか、意外と知らないことも多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、カプレーゼの特徴について解説します。記事後半ではおすすめレシピもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カプレーゼとは

「カプレーゼ」とは、イタリアを代表するサラダのひとつ。さっぱりとした味わいなのでサラダとしてはもちろん、前菜やお酒のおつまみなどさまざまなシーンで活躍する、人気の定番メニューです。

一般的ななカプレーゼの材料はトマトとモッツァレラチーズ、バジルの3つ。これらを塩や黒こしょう、オリーブオイルなどで味つけするだけのシンプルな料理です。トマトの赤、モッツァレラチーズの白、バジルの緑と、カプレーゼの発祥地であるイタリアの国旗とまったく同じ色をしていることから、イタリアを象徴する料理として世界中で親しまれているんですよ。

ちなみに、日本でおなじみのカプレーゼでは、牛の乳から作られたモッツァレラチーズ「モッツァレラ・ディ・ヴァッカ(Mozzarella di vacca)」を使うことが多いのですが、本場イタリアでは水牛の乳を原料とした「モッツァレッラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ(Mozzarella di Bufala Campana)」で作ります。

水牛のミルクから作られたモッツァレラチーズは牛のミルクから作られたものよりも希少価値が高く、価格も高めですが、その分味わいはとても濃厚!もっちりとした弾力とクリーミーな口どけ、甘やかなミルクの風味を楽しむことができます。

名前の由来

「カプレーゼ(Caprese)」とは実は略語で、正式名称は「インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese)」といいます。

諸説ありますが、イタリアの南部、地中海に浮かぶ島「カプリ島」で、トマトやチーズ、バジル、オレガノといった地元の食材を使って作られたことから、「カプリ島の」という意味の「カプレーゼ」、「サラダ」を意味する「インサラータ」を合わせて「インサラータ・カプレーゼ」と呼ばれるようになったといわれています。

カプレーゼのおすすめレシピからアレンジレシピまでご紹介

ここからは、カプレーゼのおすすめレシピをご紹介します。定番からアレンジまで幅広くピックアップしたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

アンティパストの定番 トマトとモッツァレラのカプレーゼ

お酒のおつまみやおもてなしメニューとしてもおなじみの、トマトとモッツァレラのカプレーゼです。材料を切って盛りつけるだけの簡単レシピですが、味は絶品!トマトの酸味とバジルの爽やかな風味がモッツァレラチーズの旨みを引き立て、シンプルながらも奥深い味わいをお楽しみいただけます。

ミニトマトでコロコロカプレーゼ

コロコロとかわいらしい見た目のカプレーゼをご紹介します。チェリータイプのモッツァレラチーズと半分にカットしたミニトマトをオリーブオイルと塩で和えるだけのお手軽レシピ!そのまま食べてもおいしいですが、冷蔵庫で冷たく冷やすとさらにおいしくいただけます。

ハーブサラダチキンで簡単カプレーゼ

シンプルなカプレーゼにハーブサラダチキンを加えて、味も見た目も大満足な一品に仕上げました。ハーブの爽やかな風味が食欲を刺激して、たまらないおいしさです!火も電子レンジも使わずにパパッと手早く作れるので、あと一品ほしいときやすぐに食べたいときにもおすすめです。

生ハム入りカプレーゼ

ワインに最適!材料を切って並べるだけで簡単に作れる、生ハム入りカプレーゼをご紹介します。EVオリーブオイルと塩、黒こしょうのみというあっさりとした味つけがと生ハムの塩気と絶妙にマッチして、たまらないおいしさですよ!

水切りヨーグルトで!トマトのカプレーゼ

本来、カプレーゼはモッツァレラチーズで作りますが、このレシピでは水切りヨーグルトを使ってまろやかな味わいに仕上げました。なめらかな舌触りとさっぱりとした味わいがクセになりますよ!いつもとひと味違うカプレーゼを試したくなったら、ぜひこのレシピを参考にしてみてくださいね。

湯むきミニトマトのカプレーゼ

普段のメニューにはもちろん、おもてなしにもぴったり!見た目もおしゃれなカプレーゼのご紹介です。このレシピのポイントは、ミニトマトを湯むきすること!こうすることで味なじみや食感がよくなり、ワンランクアップした一品に仕上がりますよ。

カラフルトマトでひとくちカプレーゼ

カラフルな見た目で食卓がパッと華やぐ、ひとくちカプレーゼはいかがですか?一見手が込んでいるようですが作り方はとても簡単で、つまようじに具材を順に刺していくだけ!パクッと食べやすいので、ホームパーティーやおもてなしにもおすすめです。

ひとくちカプレーゼパイ

特別な日につくりたい、ひとくちカプレーゼパイのご紹介です。サクサクのパイ生地にさっぱりとしたカプレーゼがよく合い、食べ始めると止まらなくなるおいしさですよ!冷凍パイシートを使って簡単に作れるのもうれしいポイントです。

トースターで作る ホットカプレーゼ

人気の前菜、カプレーゼをトースターで焼いて、味も見た目も大満足の一品に仕上げました。とろけたチーズがあつあつのトマトに絡んで、いつものカプレーゼとはまたひと味違うおいしさをお楽しみいただけます。今回はスキレットを使いましたが、グラタン皿やココットなどでも作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

簡単なのに華やか!カプレーゼで料理の幅を広げよう

いかがでしたか?今回はカプレーゼの特徴やおすすめレシピをご紹介しました。 イタリアンカラーが鮮やかな「カプレーゼ」はとても手軽に作れるのに見た目が華やかなので、おもてなしやパーティーでも大活躍してくれます。今回ご紹介したアレンジレシピも簡単なものばかりなので、この機会にぜひレパートリーに取り入れてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ