最終更新日 2022.8.4

ゴーヤの中から赤い種?味や食べ方を解説!

ほろ苦さがたまらない夏の定番食材「ゴーヤ」。完熟した黄色いゴーヤと赤い種も実は食べられるのをご存知ですか?この記事では、黄色いゴーヤの特徴やゴーヤの下ごしらえの方法を解説します。記事後半の豚バラ肉とゴーヤのみそ炒めやゴーヤジュースなど、ゴーヤを使った絶品レシピも必見ですよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

ゴーヤとは

沖縄の伝統野菜であるゴーヤは熱帯アジア原産でウリ科ツルレイシ属の植物です。苦味の強い瓜で、「ニガウリ」とも呼ばれています。一般的なゴーヤは緑色の表面にデコボコがあり、内側の空洞部分にワタと種が詰まっているのが特徴です。最近では苦味の少ない白いゴーヤやデコボコのないものなど、さまざまな種類のゴーヤが登場しています。

黄色いゴーヤとは?

黄色いゴーヤは、緑色のゴーヤが完熟したものです。購入したゴーヤを室温で置いておくと追熟が進んで黄色くなることもあります。これは腐っているわけではなく、緑のゴーヤと同じように食べることができるんですよ。ただし、茶色くなっていたりカビが生えているものや、異臭がする場合は腐っているサインなので、食べないようにしましょう。

黄色いゴーヤは緑のゴーヤに比べるとやわらかめで、シャキシャキした食感は少なくなります。サラダやスムージーなどにもおすすめです。完熟したゴーヤは苦味が少なくほのかな甘みがあるので、ゴーヤの苦味が苦手な方にも食べやすいでしょう。

おすすめの関連記事:ゴーヤは黄色くなっても食べられる?味や調理方法を詳しくご紹介

黄色いゴーヤの赤い種とは?

完熟した黄色いゴーヤの種は鮮やかな赤い色をしています。緑のゴーヤの種はワタと同じような白っぽい色をしていますが、完熟すると赤く変化するのです。平らな形状だった種は、完熟するとぷっくりと膨らみ、とろりとしたゼリー状のものに覆われます。実は、このゼリー状の部分も食べることができるんですよ!苦味や酸味がなく、メロンのように甘くてフルーティーな味わいです。

人気のカテゴリ