最終更新日 2021.8.16

「温玉作りは何分待てばいいの?」 上手にできるトロ〜リ温玉の作り方!

表面はプルプル、中はトロっととろける「温玉」。とてもおいしく、色々な食材との相性も抜群です。しかし、いざおうちで作ろうとすると、生のままや固まりすぎてしまうなど、程よく半熟にするのが難しい!というご経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな方のために、今さら聞けない温玉の作り方をご紹介します。これを見て、改めておいしい温玉の作り方とポイントを一緒におさらいしてみませんか。温玉を使ったレシピもピックアップしたのでさっそく見ていきましょう。

意外と簡単!温玉の作り方

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

特別難しい作業は一切ありません!誰でもおいしくお作りいただける温玉の作り方とポイントをご紹介します。

作り方の一番のポイントは?

お湯から取り出した卵を氷水でしっかりと冷やすことです。この工程を省いてしまうと卵が余熱で次第に固まって、ゆるめのゆで卵になってしまいます。卵を触ってみて熱くない程度まで、表面だけでなく中までしっかり冷やしてくださいね。

水道水でも代用できる?

卵を冷やす氷水は、水道水でも代用いただけます。その際は流水状態にして卵を冷してください。

どれくらい待てばいいの?

お湯の中に卵をおいておく時間は15分ほどで、お湯の温度は65~70℃を目安にしましょう。

蓋はするの?

卵をおいているときは、お湯の温度を下げるために鍋の蓋はしないでおきます。15分後卵を割ると、プルプルの温玉の完成です。

材料(1個分)

  • 卵 (Mサイズ)・・・1個
  • お湯・・・適量
  • 氷水 (卵冷やす用)・・・適量

作り方

準備.卵は常温に出しておきます。
1.鍋に卵がかぶる位のお湯を沸かします。沸騰したら火を止めて卵を入れ、そのまま15分おきます。
2.1を氷水に入れて冷まし、完成です。

※鍋の厚みや外気の温度によって仕上がりに誤差が生じます。必要に応じて加熱時間を調整してください。

おいしい温玉を作るポイントを押さえたらさっそくチャレンジ!

1.ピリ辛ソースの冷奴 温泉卵のせ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

温玉をそのまま食べるだけではもったいない!こちらは、なめらかな絹ごし豆腐にピリ辛なソースとまろやかな温玉が絶妙にマッチした一品です。シンプルな味つけで食べることが多い冷奴。ひと手間加えるだけでいつもの冷奴がワンランクアップします。おうちで作った温玉をのせるだけで、華やかさが増して贅沢な気持ちになりますね。

材料(1人前)

  • 絹ごし豆腐・・・80g

-----ピリ辛ソース-----

  • コチュジャン・・・小さじ2
  • みりん・・・小さじ2
  • ごま油・・・小さじ1
  • 白いりごま・・・小さじ1
  • 温泉卵・・・1個
  • 小ねぎ (小口切り)・・・適量

作り方

1.ボウルにピリ辛ソースの材料を全て入れ、よく混ぜ合わせます。
2.お皿に絹ごし豆腐を盛り付け、1をかけます。
3.温泉卵を乗せ、小ねぎをかけたら完成です。

2.レンジだけで簡単に とろーり温卵のせキーマカレー

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

電子レンジで作れるキーマカレーにとろける温玉をのせた、ごはんが進む一品です。ジューシーな豚ひき肉の旨みたっぷりのカレーと温玉のコクが相まって絶品ですよ。盛り付けた温玉を割る瞬間のワクワク感はたまりませんよね。とても簡単にお作りいただけるので、ささっと済ませたいランチにおすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

材料(2人前)

  • ごはん・・・400g
  • 豚ひき肉・・・150g
  • 玉ねぎ・・・50g
  • にんじん・・・50g
  • 水・・・160ml
  • (A)カレールー・・・50g
  • (A)焼肉のタレ・・・大さじ1
  • 温泉卵・・・2個

作り方

準備.にんじんは皮をむいておきます。
1.玉ねぎとにんじんは粗みじん切りにします。
2.大きめの耐熱ボウルに豚ひき肉、1、水、(A)を入れて混ぜ合わせ、ラップをかけます。
3.600Wの電子レンジで5分加熱し、一度取り出して混ぜ合わせます。
4.再びラップをかけ、600Wの電子レンジで4分加熱します。豚ひき肉に火が通り、にんじんがやわらかくなったら取り出して混ぜ合わせます。
5.器にごはんをよそい、4をかけ、温泉卵をのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※ご高齢の方や、2才以下の乳幼児、妊娠中の女性、免疫機能が低下している方は、卵の生食を避けてください。

普段の食卓やおもてなしにも大活躍!温玉作りをマスターしよう

いかがでしたか。どんな料理にも合う温玉を手軽におうちでお作りいただいて料理に盛り込めば、いつもの食卓がアップデートすること間違いなしですよ。こちらを参考におうちでおいしい自家製温玉作りに挑戦してみてくださいね!

人気のカテゴリ