2022.3.5

意外と知らない!ブロッコリーの“切り方のコツ”を詳しく解説

あざやかな緑色が目を引く「ブロッコリー」。炒め物や和え物をはじめ、塩ゆでするだけでもおいしくいただける便利な野菜です。使用頻度は高いものの、いまいち切り方がわからないという方も多いのではないでしょうか?今回はブロッコリーの房と茎の切り方、ゆで方、最後にはおすすめレシピもご紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

目次

■ブロッコリーの切り方

■ブロッコリーの加熱方法

■切るときのお悩みポイントを解決!

■おすすめ活用レシピ

ブロッコリーの切り方

まずはじめに、ブロッコリーの切り方を確認してみましょう。サラダやスープ、炒め物など、作るものによって切る大きさを調整するのも料理をおいしく仕上げるポイントです!

小房の分け方と茎の切り方をご紹介します。ブロッコリーは房のつぶつぶとした部分を花蕾(からい)と呼び、この部分から包丁を入れるとつぶれたり、バラバラになる原因となるので気を付けましょう。大きさを揃えて切ることで火の通り加減が均一になり、食感よく仕上がりますよ!わかりにくい部分は動画を参考にしてみてくださいね。

材料 1株分

ブロッコリー 1株

作り方

1. ブロッコリーは太い茎と細い茎の境目に包丁を入れて、小房に分けます。大きいものは軸の方に切れ目を入れて、割くようにし、大きさを揃えます。

2. 太い茎は、表面の固い皮の部分を3〜5mmを目安に厚く切り落とします。1cm幅の斜め切りにします。

ブロッコリーの加熱方法

続いては、ブロッコリーの加熱方法です。お湯でゆでる方法と電子レンジで加熱する方法の2つをご紹介します。ブロッコリーをたっぷり使うときはゆでる、時間がないときや火を使いたくないときは電子レンジを使うなど、使い分けてもいいですね。

ブロッコリーの茹で方

ブロッコリーのゆで方をご紹介します。沸騰したお湯に1%の塩を入れて、色よくゆでます。ゆであがったブロッコリーはザルの上で粗熱を取ってください。水にさらしたり、流水で洗うと水っぽい仕上がりになってしまうので、気を付けてくださいね。正しくゆでることでブロッコリーのおいしさを活かすことができますよ。

電子レンジで ブロッコリーの蒸し方

時間がないときや火を使いたくないときは、電子レンジ調理がおすすめです! ポイントはブロッコリーを水に浸けること。加熱する前に全体を湿らすことで、均一に火が通りやすくなりますよ。茎をつまんでやわらかくなっていれば火が通っている目安です。加熱時間を調整して、お好みの固さに仕上げてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ