2022.6.21

マンネリ解消!【じゃがいも×玉ねぎ】リピしたくなる簡単おかず11選

常備野菜の定番「じゃがいも」と「玉ねぎ」を使った絶品おかずレシピをご紹介します。肉じゃがやジャーマンポテトだけでなく、カレー炒めや春巻きなど、アレンジレシピをピックアップしました。どれもボリューム満点で大満足間違いなし!簡単に作れて一気にレパートリーが広がりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

  • 目次
  • めんつゆで簡単に作れる フライパンで肉じゃが
  • 薄切りじゃがいもで時短 塩バター肉じゃが
  • とろーりチーズの甘辛チムタク風
  • ごろっとひき肉のポテサラ春巻き
  • じゃがいもと玉ねぎのスパニッシュオムレツ
  • ツナで作る ジャーマンポテト
  • じゃがいもとベーコンのマヨケチャ炒め
  • 牛肉とじゃがいものボリューミーカレー炒め

めんつゆで簡単に作れる フライパンで肉じゃが

肉じゃがはじゃがいもと玉ねぎを使った定番おかずですが、具材に味が染み込まなかったり、味が決まらなかったり、意外と難しい料理ですよね。でももう心配いりません!このレシピを覚えれば、手軽においしい肉じゃがが作れますよ。めんつゆを使うことで簡単に味が決まり、さらにフライパンひとつで調理するので具材にしっかりと味が染み込みます。時短で作れるのもうれしいポイントです!ぜひ試してみてくださいね。

薄切りじゃがいもで時短 塩バター肉じゃが

いつもとはひと味違う肉じゃがレシピのご紹介です。玉ねぎだけでなく、火の通りにくいじゃがいもやにんじんも薄切りにしているので、時短でしっかり味が染み込みます。味つけは鶏ガラスープの素だけととってもシンプルですが、じゃがいもと相性抜群のバターを加えることでコク深い味わいに仕上がりますよ。ニンニクの風味もアクセントになった、お酒のおつまみにもぴったりの一品です。

とろーりチーズの甘辛チムタク風

鶏肉やじゃがいも、玉ねぎ、春雨などを使った韓国の煮込み料理、チムタクにチーズを加えてアレンジしました。コチュジャンやしょうゆ、黒砂糖で甘辛く味つけしたじゃがいもや鶏肉にチーズのコクがよく合い絶品!青唐辛子のピリッとした辛味もアクセントになって、お酒はもちろんごはんもどんどん進みますよ!指先がヒリヒリと痛む可能性があるので、青唐辛子を扱う際はゴム手袋などを着用して調理してくださいね。

ごろっとひき肉のポテサラ春巻き

まるでコロッケのようなポテサラ春巻きのレシピをご紹介します。シンプルなポテトサラダに中濃ソースと黒こしょうで味つけしたひき肉を合わせて、春巻の皮で包み、揚げました。ホクホクのじゃがいもとパリッとした春巻きの皮の食感の違いが楽しい一品です。ひき肉を粗めにほぐすことで食べ応えがアップし、満足度の高い一品に仕上がりますよ。具材にしっかり味がついているので、ソースなどをつけなくてもおいしくいただけます!ぜひお試しください。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

じゃがいもと玉ねぎのスパニッシュオムレツ

おうちにじゃがいもと玉ねぎと卵があったら、スパニッシュオムレツを作るのがおすすめです!卵のやさしい風味にホクホクとしたじゃがいもの食感と玉ねぎの甘みがよく合います。使う食材も調味料もとてもシンプルですが、しっかりと食べ応えのある一品が完成しますよ!このレシピではじゃがいもを電子レンジで加熱しているので、手軽に作れるのもうれしいですね。お好みの食材を加えてもおいしく作れますので、ぜひアレンジも楽しんでみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

ツナで作る ジャーマンポテト

ジャーマンポテトはじゃがいもと玉ねぎを使った定番おかずの一つ。本来は、ウインナーやベーコンを加えて作りますが、このレシピではツナを加えてひと味違う味わいに仕上げました。さっぱりとしていながらも旨味たっぷりで、お箸が止まらなくなること間違いなし!粒マスタードやパセリの風味もアクセントになっていて、お酒のおつまみにぴったりですよ。簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

じゃがいもとベーコンのマヨケチャ炒め

まろやかな味わいの炒め物レシピをご紹介します。細切りにしたじゃがいもと薄切り玉ねぎをベーコンと一緒に炒めて、ケチャップとマヨネーズで味つけしました。ケチャップのほのかな酸味とマヨネーズのコクが具材によく合い、クセになる味わいに仕上がっています。ごはんにもパンにも合うので、夕飯のおかずだけでなく、朝ごはんにもおすすめですよ!

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

牛肉とじゃがいものボリューミーカレー炒め

ホクホク食感が魅力のじゃがいもですが、水にさらしてからサッと炒めてシャキシャキとした食感を楽しむのもおすすめです!このレシピではじゃがいもと玉ねぎに牛肉を加えて、食べ応え抜群の一品に仕上げました。カレー粉と塩こしょうだけでなく、コンソメ顆粒も加えたしっかりとした味つけでごはんがどんどん進みます!スパイシーな香りも食欲をそそる、ぜひともレパートリーに加えていただきたいレシピです。

ウインナーとジャガイモのチーズ焼き

間違いない組み合わせ!ウインナーとジャガイモのチーズ焼きは覚えておきたい一品です。電子レンジで加熱したじゃがいもと玉ねぎ、ウインナーを耐熱皿に広げ、調味料とチーズをかけたら、オーブントースターで焼き上げるだけの簡単レシピ。とろりと伸びるチーズがそれぞれの具材に絡み、やみつきになるおいしさです!ケチャップとチーズはこのレシピで使っているどの具材とも相性がよく、さらに常備していることの多い食材ばかりなので覚えておくととても便利ですよ!

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。 様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

※お使いのトースター機種によって焼き加減が異なりますので、様子を見ながらご調整ください。今回は1000W250℃で焼いています。トースターは庫内が狭く、食材と熱源の距離が近いため、加熱中の食材の油が落ちたり、油はねなどが原因で発煙、発火の恐れがあります。加熱中は目を離さないでください。

3種のお芋で 具だくさん豚汁

じゃがいも、さつまいも、里芋、3種類のお芋を入れた具だくさんの豚汁はいかがでしょうか。ホクホク食感とねっとり食感を楽しめる、おいも好きにはたまらない一品!玉ねぎの甘みや豚肉の旨味が染み出たスープはコク深い味わいで、ほっとするおいしさです。食べ応えのある豚汁を作りたくなったら、ぜひこのレシピを試してみてくださいね。

簡単 トマトで作るミネストローネ

トマト缶で作ることの多いミネストローネですが、このレシピではフレッシュなトマトを使ってさっぱりとした味わいに仕上げました。煮込む前に野菜やベーコンを炒めることで旨味が増して、トマトを加えてからじっくり煮込むことで酸味と甘味が引き出され、深みのある味わいに仕上がりますよ。朝食やランチにはもちろん、夕飯や夜食にもおすすめの一品です。

じゃがいもと玉ねぎは常備しておいて損はなし!

いかがでしたか?今回は、じゃがいもと玉ねぎを使ったリピート間違いなしのおかずレシピをご紹介しました。じゃがいもと玉ねぎは和風、洋風だけでなく、中華風や韓国風など、さまざまな味つけで楽しめる便利な野菜です。今回ご紹介したレシピはどれも手に入りやすい食材や調味料を組み合わせて作れるものばかりなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

※20歳未満の飲酒はやめましょう。

人気のカテゴリ