2020.3.13

【レトルトカレー】が大変身!絶品アレンジレシピ15選

レトルトカレーでもう一品!

時間がないときや小腹が空いたときに、ごはんにかけるだけで食べられる便利なレトルトカレー。でも、その食べ方だけでは飽きてしまうこともありますよね。

そこで今回は、あっという間にできる、レトルトカレーを使ったアレンジレシピを集めました。定番のドリアやグラタンはもちろん、スープやおつまみまで幅広くピックアップしました。買い置きして余ったカレーの消費にもぴったりです。大満足間違いなしですよ!

包丁いらず!チーズと卵の焼きカレーパスタ

こちらは、レトルトカレーを使った焼きカレーパスタです。ドリアのように見えますが、フォークを入れると中からパスタが!カレーがたっぷりパスタに絡まり、スパイスの香りも食欲をそそります。溶けたチーズと卵のおかげでまろやかな味わいになり、大人も子供も大満足なおいしさ!

パスタをゆでたらレトルトカレーとよく和えます。このときにお好みでソースやケチャップを加えて味を調節してみてくださいね。ペンネなどのショートパスタを使うのもおすすめです。また、スキレットで作ればより香ばしく仕上がりますよ。

スパイシーだけどまろやか!レトルトカレーでお手軽グラタン

グラタンはホワイトソースで作るのが一般的ですが、カレー風味にするとまた違った味わいが楽しめます。カレーと相性の良いチーズをたっぷりとのせ、こんがり焼いてお召し上がりください。香ばしい焼き目がカリカリとアクセントになって絶妙なおいしさですよ。お子様にも大人にも人気の一品です!

レトルトカレーだけでもおいしいのですが、ホワイトソースを重ねるとよりマイルドになり食べやすくなります。市販のホワイトソースを使えばより手軽にできますね。今回はブロッコリーを入れましたが、アスパラやきのこなどお好みの具材をプラスしてアレンジしてみてくださいね。

半熟卵がとろーり!チーズたっぷり焼きカレー

焼きカレーは、北九州市門司港のご当地グルメです。ごはんにカレーとチーズをかけて焼いてあることが前提ですが、アレンジは無限なのでいろいろな楽しみ方ができますよ。今回はマヨネーズでコクを加え、とろとろの半熟卵をのせました。こんがり焼けて風味が増したカレーとよく合います。サクサクのパン粉がアクセントになるのでぜひ加えてみてくださいね。

卵を半熟に仕上げたいときは、高温に設定して、短時間で焦げ目を付けるように焼いてくださいね。また、冷蔵庫から出したばかりの卵ではうまく仕上がらないので、必ず常温に戻してから使うのがコツです。チーズやパン粉が焦げてしまう場合は、アルミホイルをかけるといいですよ。

野菜もたっぷり!具だくさんのカラフルドリア

トマト、ブロッコリー、ウィンナー、卵など、具材をたっぷりトッピングしたカレードリアです。赤、緑、黄色で見た目も華やかなので、おもてなしにもピッタリですよ。カレーの辛みをチーズと半熟卵が和らげ、トマトの酸味で後味はさっぱり!どんどん食べたくなる味わいです。

ブロッコリーは冷凍のものを使うと便利です。表記通りに解凍したら、他の具材とともにどんどんのせていくだけ。焼き時間を除けば、調理は15分もかかりません。時間があれば、さらにひと手間かけて、ガーリックライスにするとよりコクがでますよ。

Wチーズとゆで卵でまろやかカレードリア

先ほどのドリアは半熟卵をトッピングしましたが、こちらではゆで卵をのせました。さらにピザ用チーズと粉チーズをたっぷりかければ、よりまろやかな味わいが楽しめます。ピザ用チーズがなければ、スライスチーズでも代用できるのでぜひお試しくださいね。

これだけでも十分彩りがきれいですが、さらにブロッコリーやほうれん草、アボカドなどを加えると具沢山になってボリュームもアップ!ウィンナーやベーコンなどをプラスすれば、育ち盛りのお子さんも大満足間違いなしですよ。

ホワイトソースがポイント!クリーミーなカレードリア

ホワイトソースをごはんに混ぜ、レトルトカレーをのせて焼きました。白いごはんにカレーをのせるだけよりも、よりクリーミーになってコクもでますよ。辛口のレトルトカレーもマイルドになり、食べやすくなります。カレーをごはんに混ぜてしまうのもおすすめです!その場合は、マヨネーズをかけてから卵とチーズをのせて焼くとおいしいですよ。

ホワイトソースの代わりに、ケチャップをごはんに混ぜてからカレーをかけるのもおすすめ。甘味と酸味のあるごはんがカレーと相まって、深みのある味わいになります。卵はお好みの固さになるように、焼き時間を調整してくださいね。

汁まで飲み干したくなるおいしさ!絶品カレーうどん

レトルトカレーをめんつゆと水でのばし、うどんにかけました。めんつゆにはダシが入っているので、うどんによく合う和風カレーが簡単にできますよ。冷凍うどんはレンジ加熱も可能なので、時間がないでも便利ですね。余ったスープにはごはんを入れてお召し上がりください!

カレーにとろみをつけることで、冷めにくくなるだけでなく、麺にしっかりと絡むようになります。使用するレトルトカレーによってとろみの具合が違うので、水溶き片栗粉は様子を見ながら調節してくださいね。

喉ごしさわやか!冷やしカレーうどん

続いては、暑い日や食欲のないときにもツルッと食べられる冷やしカレーうどんです。めんつゆと水でレトルトカレーをのばし、冷蔵庫でしっかりと冷やしていただく一品。ダシの効いた冷たいカレーがうどんに絡み、喉ごしもさわやか。思わず勢いよくすすりたくなるので、白い服は着ないほうがいいかもしれません。

このレシピでは、レトルトカレーをそのまま使ってシンプルに仕上げていますが、お好みで具材をプラスするのもおすすめです。豚肉や長ねぎを足せば、より食べごたえのあるメニューになりますよ。

生姜でぽかぽか!カレー風味の豆腐スープ

こちらは、レトルトカレーを使ったスープです。豆腐を入れてかさ増しすることで、食べごたえもばっちりな一品。味付けにはしょうゆとすりおろし生姜を使い、香りが引き立つスープに仕上げました。豆腐にはカレーが染みていて、ひとくち食べると身体がぽかぽかしてきますよ。

しょうゆと生姜の代わりに、鶏ガラスープの素や鰹だしなどをいれるとまた違った風味が楽しめます。水ではなく、牛乳や豆乳でのばすとよりクリーミーになりますよ。その場合は沸騰させると分離してしまうのでご注意ください。

スパイシーな味わい!煮込まず簡単ボルシチ

ボルシチはロシアのお袋の味。ビーツが入った深紅色の鮮やかな煮込み料理です。ビーツはなかなか手に入りにくいですが、レトルトカレーを使えば手軽にボルシチ風のスープが楽しめますよ。ほのかにスパイシーでコクのあるカレーの風味を感じられ、やみつきになります。パンに付けて食べてもおいしいのでぜひお試しください。

サワークリームを入れると深紅色と白のコントラストが美しくなり、さらに味の変化も楽しめます。最初は混ぜずにスパイシーな風味を味わい、後半は少しずつ混ぜてお召し上がりください。さわやかな酸味がプラスされて飽きずにいくらでも食べられてしまいますよ。サワークリームがなければ、生クリームにレモン汁をいれたものでも代用できます。

パーティーにも!丸ごとカマンベールでカレーフォンデュ

ご家庭で手軽にチーズフォンデュを楽しんでみませんか。チーズだけでもおいしいですが、レトルトカレーを加えればカレーフォンデュに早変わり!野菜、ソーセージ、魚介類などを添えてお召し上がりください。コクのあるチーズとスパイシーなカレーの相性は抜群で、どんな具材ともよく合いますよ。

カマンベールチーズとレトルトカレーをオーブントースターで加熱するだけでOK。もしくは耐熱容器に入れて電子レンジで加熱しても大丈夫です。冷めたら、再度温めれば柔らかくなりますよ。

レトルトカレーで!なんちゃってタコスサンド

タコスを食べたい!と思っても、ひき肉やトマト缶を揃えてタコミートを作るのは面倒。それなら、レトルトカレーでなんちゃってタコスを作ってみるのはいかがですか?トルティーヤは食パンで代用すれば簡単です。カレーに具材が入っているのでボリュームもたっぷり。レタスのシャキシャキ感とトマトの酸味がアクセントになってクセになるおいしさです。

レトルトカレーをそのまま食パンに挟むと、柔らかすぎて流れ出てきてしまいます。それを防ぐために、レトルトカレーに片栗粉を混ぜ、電子レンジで加熱してくださいね。仕上がりがかためになり、食べやすくなりますよ。商品の種類によってとろみが違うので、様子を見ながら調節してくださいね。

食べ過ぎ注意!ハヤシライスでナチョス風おつまみ

タコスチップスにチリコンカンやワカモレなどとチーズをトッピングした「ナチョス」。今回はレトルトカレーではなく、レトルトハヤシライスを使ってナチョス風のおつまみに仕上げました。チリパウダーの風味が食欲をそそり、チーズの塩気と甘めのソースがよく合います。タコスチップスにすべてをのせて頬張れば、思わず笑顔になりますよ。簡単なので、ぜひお試しください。

チリパウダーは赤唐辛子にオレガノやディル、クミンなどのスパイスを混ぜたものです。赤唐辛子を粉末にしただけのチリペッパーより辛みは少ないですが、辛いものが苦手な方は、量を調節してくださいね。レトルトカレーを使ってもおいしいですよ。

朝食にもランチにも!カレー風味の食事系マフィン

レトルトカレーは主食やおかずだけではなく、おやつにだってリメイクできます。まずはカレー風味のマフィンはいかがですか。甘さのなかにもほんのりカレーの旨味が感じられ、絶妙な味わい。ウインナーやコーンを足したり、チーズをたっぷりのせれば、ボリュームもでますよ。簡単に済ませたいランチや朝食にもピッタリです。

マフィンはホットケーキミックスを使うと手軽にできます。粉をふるう必要もないので、どんどん他の材料を入れて混ぜるだけ。カレーの具が大きい場合は、小さく切っておいてくださいね。底にたまらずに生地にまんべんなく混ざりますよ。

合わないわけがない!レトルトカレー入りの芋もち

最後にご紹介するのは、レトルトカレーを包んで焼いた芋もちです。カリッとしたじゃがいもの生地と、とろーりスパイシーなカレーが口の中で混じり合い、想像以上のおいしさ!素朴な芋もちもちょっとおしゃれな一品になりますよ。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

じゃがいもをマッシュして片栗粉を混ぜるとモチモチになります。ただし、多すぎると冷めたときにかたくなってしまうので注意してくださいね。逆に少なすぎてもまとまらず、お餅のようになりません。すりこぎやめん棒でつくようにしっかり混ぜることで弾力がでますよ。

豊富なレトルトカレーでアレンジを楽しもう!

いかがでしたか?レトルトカレーを使ったアレンジレシピをご紹介しました。レトルトカレーといっても、キーマカレー、バターチキンカレー、ビーフカレーなど、味も具材も辛さも違うものが豊富にあります。ドリアやグラタンなどの定番アレンジも、カレーの種類を変えればまた違った味わいを楽しめますよ。

また、今回ご紹介したレシピは、ご家庭で作ったカレーが余ったときにもお試し頂けます。簡単なものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気のカテゴリ