2020.2.28

【焼き豆腐】のおいしい食べ方。おつまみからすき焼きまで、絶品レシピ10選

焼き豆腐とは?普通の豆腐と違うの?

焼き豆腐とは、その名の通り水切りした木綿豆腐の両面を直火で軽く焼いて炙り、焼き目をつけた豆腐のこと。普通の豆腐に比べて固くて崩れにくく、味が染み込みやすいのが特徴です。焼き豆腐は煮ても焼いてもおいしいので、すき焼きの具をはじめ、田楽や煮物、炒めものなどさまざまな料理に使われます。

そんなアレンジ自在の焼き豆腐ですが、今回は定番の煮込み料理を中心に、寒い時期にこそ食べたい絶品料理10選をご紹介します。日本各地のご当地鍋料理のレシピも多数ご紹介していますよ。ご家庭で手軽にお試しくださいね。

優しい味わい!焼き豆腐のみぞれ煮

まず最初にご紹介するのは、焼き豆腐のみぞれ煮です。みぞれ煮のやさしい味わいが身体に染みわたり、芯から温めてくれます。風邪をひいて体調がすぐれない時や食欲のない時でも、ペロリといただけるレシピですよ。味の染み込んだ大根おろしをたっぷりとからめてお召し上がりくださいね。

大根おろしは、食感とさっぱりとした味わいを楽しむために、最後にさっと煮て仕上げてくださいね。

焼き豆腐と豚こま肉のすき焼き風煮込み

焼き豆腐と豚こま肉で、手軽に楽しめるすき焼き風の煮込みです。しょうゆと砂糖の甘辛い味と、豚肉のうま味がたっぷりと染み込んだ焼き豆腐は絶品ですよ。フライパン一つで簡単に作れるので、洗い物の手間が少ないところも魅力のポイントです。

しらたきは水気を切って5cmに切ったら、油で軽く炒めましょう。そうすることで、味や食感が良くなるとともに、早く味が染み込みやすくなりますよ。

人気のカテゴリ