2021.12.21

クリスマスをショートケーキで祝うのは日本だけ?おうちで作れるクリスマスケーキレシピ5選

日本でクリスマスといえば、ショートケーキを食べるのが定番ですよね。でも、クリスマスをショートケーキで祝うのは日本だけなんです。

日本の老舗洋菓子メーカーが、日本人好みにアレンジし完成したものが「いちごのショートケーキ」だそうです。その後、日本でクリスマスケーキとして販売され、クリスマスにショートケーキを食べることが定着しました。世界的に見ても、こうした華やかなケーキを食べることは稀なんですよ。

クリスマスをショートケーキで祝うのは日本だけとは驚きですよね。クリスマスケーキの豆知識についてわかったところで、ここからは、おうちで作れる華やかな「クリスマスケーキ」のレシピをご紹介します。市販のスポンジケーキで作るキャンドル風クリスマスケーキやフライパンで作れるブッシュドノエル、クリスマスリースに見立てたリースのタルトなどのレシピをピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね。

1.キャンドル風クリスマスケーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

グラサージュをかけた、クリスマスにぴったりの一品「キャンドル風クリスマスケーキ」をご紹介します。グラサージュとは、チョコレートやジャムなどで作ったソースをケーキやムースなどにかけて、表面をコーティングすることをいいます。生クリームやフルーツを挟んだスポンジケーキにグラサージュをかけ、フルーツをトッピングしました。ココアパウダーを使ったグラサージュとフルーツで、リッチな味わいがお楽しみいただけます。お好みのフルーツでアレンジするのもおすすめですよ。

材料(1台分(直径15cm×高さ6cmの丸型))

  • スポンジケーキ (5号・直径15cm)・・・1枚
  • いちご・・・5個
  • ブルーベリー・・・20g

-----クリーム-----

  • 生クリーム・・・200ml
  • 砂糖・・・大さじ1

-----グラサージュ-----

  • 生クリーム・・・50ml
  • ココアパウダー・・・20g
  • 水・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ2
  • 粉ゼラチン・・・2g
  • 水 (ゼラチン用)・・・小さじ2

-----飾り-----

いちご・・・1個
ブルーベリー・・・30g
ラズベリー・・・20g
粉糖・・・適量
チャービル・・・適量

作り方

準備.飾り用のいちごはヘタを残したまま縦半分に切っておきます。
1.スポンジケーキは厚さ半分に切ります。
2.いちごはヘタを切り落とし、5mm幅に縦に切ります。
3.ボウルにクリームの材料を入れて、ハンドミキサーで角が立つまで泡立てます。
4.1の片方に3の1/4量をのせ、2、ブルーベリーを並べ、更に3の1/4量をのせます。
5.残りの1を重ねます。残りの3を塗り、冷蔵庫で30分程冷やします。
6.グラサージュを作ります。水に粉ゼラチンを入れてふやかします。
7.鍋に残りのグラサージュの材料を入れて中火で熱し、耐熱性のヘラで混ぜ合わせます。ココアパウダーが溶けたら沸騰直前で火から下ろし、6を加えて混ぜ合わせ、茶こしでこして粗熱を取ります。
8.とろみが付いたら5の上にかけ、スプーンを使って少しずつ縁にたらします。
9.冷蔵庫で30分程冷やし固め、いちご、ブルーベリー、ラズベリーをのせて飾ります。粉糖をふり、チャービルをのせて完成です。

2.フライパンで簡単 ブッシュドノエル

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

オーブンを使わずにクリスマスケーキを作りたい方には、フライパンで作れる「ブッシュドノエル」がおすすめです。シロップを塗った生地にくるみとチョコレートクリームを合わせて巻き、仕上げに残りのクリームやフルーツなどで飾りつけしました。もちっとしたスポンジ生地に、チョコレートクリームが相性抜群でとてもおいしいですよ。お好みのフルーツやアラザンなどを使って可愛らしくデコレーションしてくださいね。

材料(1台分)

-----スポンジ生地-----

  • 薄力粉・・・30g
  • グラニュー糖・・・20g
  • 卵 (Mサイズ)・・・2個
  • 牛乳・・・大さじ1

-----シロップ-----

  • 水・・・50ml
  • グラニュー糖・・・20g
  • ラム酒・・・大さじ1

-----チョコレートクリーム-----

  • 生クリーム・・・200ml
  • 砂糖・・・10g
  • ビターチョコレート・・・60g
  • お湯 (湯せん用・50℃)・・・適量
  • くるみ・・・20g

-----トッピング-----

  • いちご・・・1個
  • ブルーベリー・・・2粒
  • ココアパウダー・・・大さじ1
  • チョコレートペン・・・小さじ1
  • 粉糖・・・大さじ1
  • チャービル・・・適量

作り方

準備.卵は常温に戻しておきます。 いちごはヘタを切り落とし、5mm幅に切っておきます。
1.スポンジ生地を作ります。ボウルに卵、グラニュー糖を入れて、白っぽくなり、2倍程になるまでハンドミキサーで泡立てます。
2.薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで混ぜます。粉気がなくなったら牛乳を入れてゴムベラで混ぜます。
3.フライパンを弱火で熱し、2を流し入れます。蓋をして7分程加熱し、焼き目が付いたら裏返して1分程焼きます。
4.シロップを作ります。耐熱ボウルに水、グラニュー糖入れ、グラニュー糖が溶けるまでラップをかけずに600Wの電子レンジで2分程加熱します。粗熱が取れたらラム酒を加えて混ぜ合わせます。
5.チョコレートクリームを作ります。ボウルに生クリーム、砂糖を入れてハンドミキサーで角が立つまで泡立てます。
6.別のボウルにビターチョコレートを入れて湯せんで溶かします。
7.5を少しずつ加えてゴムベラで混ぜ合わせます。
8.3の両端を1cm程切り落とし、4を塗ります。7の1/3量を全体に塗り、くるみをのせて巻き、ラップで包み、冷蔵庫で20分程冷やします。
9.表面に残りの7を塗り、ナイフで木目柄を付け、ココアパウダーをふります。パッケージの表記通りに湯せんしたチョコレートペンで木の模様を描き、いちご、ブルーベリーをのせ、粉糖をふり、チャービルをのせて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

3.生チョコ入り クリスマスドームケーキ

※画像タップでレシピ動画ページに移動します。
※画像タップでレシピ動画ページに移動します。

ケーキの中にたっぷりの生チョコが入った、クリスマスドームケーキはいかがですか?カットしたスポンジケーキにガナッシュや生クリームを重ね、ホイップクリームを塗ってデコレーションしました。ラム酒を効かせたスポンジケーキに、濃厚な生チョコがよく合い、ほっぺが落ちそうなほどのおいしさ!華やかでオシャレな見た目なので、パーティーにもぴったりですよ。ぜひ試してみてくださいね。

材料(1台分)

  • スポンジケーキ (5号)・・・1個
  • いちご・・・6個

-----ガナッシュ-----

  • ビターチョコレート・・・100g
  • 生クリーム・・・50ml

-----シロップ-----

  • 水・・・50ml
  • グラニュー糖・・・20g
  • ラム酒・・・大さじ1

-----ホイップクリーム-----

  • 生クリーム・・・200ml
  • グラニュー糖・・・大さじ1
  • いちご (サンタ用)・・・2個
  • チョコレートペン・・・1本

-----トッピング-----

  • アラザン・・・適量
  • ミックスベリー (冷凍)・・・適量
  • ミント・・・適量

作り方

準備.チョコレートペンはパッケージの表記通りに湯せんで溶かしておきます。 ビターチョコレートは細かく手で割っておきます。
1.ガナッシュを作ります。生クリームを鍋に入れて中火で熱し、沸騰直前まで温めます。ビターチョコレートを入れたボウルに加えて、ゴムベラで混ぜ合わせます。よく混ざったら別のボウルに入れてラップをかけて、冷蔵庫で固まるまで冷やします。
2.シロップを作ります。大きめの耐熱ボウルに水とグラニュー糖を入れ、ラップをかけずに600Wの電子レンジで2分、グラニュー糖が溶けるまで加熱します。粗熱が取れたらラム酒を加えて混ぜ合わせます。
3.ホイップクリームを作ります。ボウルに生クリーム、グラニュー糖を入れて、ツノが立つまでハンドミキサーで泡立てます。
4.スポンジケーキは3等分の厚さに切ります。
5.いちごはヘタを切り落とし、5mm幅に切ります。
6.4の1枚に刷毛で2を塗ります。中央に1、5、3の順にのせ、表面をドーム状にならします。
7.2を塗った4をのせ、さらに3を塗り、5、3の順に重ね、表面をならします。
8.残りの4に2を塗り、裏返してのせ、2、3を塗ります。ドーム状に形を整えたら、ヘラで筋を付け、下の部分に残りの5を飾り付け、トッピングを飾ります。残りの3を丸口金をつけた絞り袋に入れます。
9.サンタ用のいちごはヘタを切り落とし、上から1/3の所を切ります。8のホイップクリームを絞って重ね、チョコレートペンで目と口を描き、上部に8のホイップクリームを絞ります。
10.お皿に8をのせ、9、ミントを添えて完成です。

※ご使用の電子レンジの機種や耐熱容器の種類、食材の状態により加熱具合に誤差が生じます。様子を確認しながら完全に火が通るまで、必要に応じて加熱時間を調整しながら加熱してください。

人気のカテゴリ