最終更新日 2022.6.20

キムチのカロリーはどのくらい?おすすめレシピもご紹介

ごはんのお供や焼肉の箸休めとしても人気の「キムチ」。辛さの中にほんのりと甘みがあって箸が進みますが、カロリーはどのくらいあるのか気になりますよね。この記事では、キムチのカロリーや糖質について解説します。記事の後半では、おうちで作れるキムチ風の一品からポテトサラダやチャーハンなどのおすすめレシピもご紹介します。

キムチのカロリーはどのくらい?

キムチとは韓国の漬物のこと。白菜を塩漬けにして、唐辛子やニンニクなどの香辛料を加えて作られています。ほかの野菜を使ったキムチもありますが、主に使われているのは白菜です。

主な材料が同じ白菜であるキムチと白菜の漬物ですが、栄養価を比べてみると以下のようになります。

キムチ 100gあたり

エネルギー:27kcal

たんぱく質:2.3g

脂質:0.1g

炭水化物:5.4g

糖質:3.2g

食塩相当量:2.9g

白菜の漬物 100gあたり

エネルギー:17kcal

たんぱく質:1.5g

脂質:0.1g

炭水化物:3.3g

糖質:1.5g

食塩相当量:2.1g

次にそれぞれ一食分を30gとしたときのカロリーと糖質も見てみましょう。

キムチ

エネルギー:約8kcal、糖質:約1.0g

白菜の漬物 

エネルギー:約5kcal、糖質:約0.6g

キムチは白菜以外にも複数の野菜を使ったり、調味料に砂糖や果物をブレンドすることもあるため、白菜の浅漬けよりもカロリーや糖質が高くなります。

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

キムチの塩分は?

前述にもあった通り、キムチは白菜を塩漬けにして、唐辛子やニンニクなどの香辛料を加えて作られる漬け物。

キムチ100gあたりの食塩相当量は2.9g、一食分を30gとすると約0.9gほどです。

ピリッとした辛味と旨味があってついつい箸が進むキムチですが、食べ過ぎると塩分の摂り過ぎになる恐れもありますので、注意しましょう。

※参照:「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」

お手軽に作れる自家製キムチのレシピ

お手軽にできる自家製キムチのレシピをご紹介します。時間がかかって難しそうに思われるかもしれませんが、今回は時短で作れるアレンジレシピなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

おうちでできる 時短で自家製和風キムチ

おうちで手軽にできるキムチのレシピです。塩麴や塩昆布を加えて奥深い味わいに仕上げました。しっかりした辛味の中に、りんごのすっきりとした甘さも感じられます。お好みで塩辛を入れてもおいしくお作りいただけますよ。ぜひ挑戦してみてくださいね。

コチュジャンで和えるだけキムチ風

塩揉みした白菜を調味料で和えるだけで完成!手軽なキムチ風の和え物はいかがでしょうか。発酵調味料であるナンプラーを使うことでコクがアップし、短時間で仕上げたとは思えないほど奥深い味わいがお楽しみいただけます。お酒のおつまみにもぴったりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

人気のカテゴリ