2021.12.17

パスタの献立に悩んだら!お供におすすめレシピを種類別にご紹介

「パスタ」の日は、おかずに何を作るか迷ってしまうことも多いですよね。献立にはスープやサラダなどの副菜を添えて、満足感がアップする組み合わせにしてみませんか?

そこで、今回はパスタの種類別に、おすすめのレシピをご紹介します。人気のパスタのレシピや、サラダやスープなどパスタのお供にぴったりの副菜もピックアップしています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

人気のパスタソースの種類

まずは人気のパスタソースについて、それぞれどのような特徴があるのかチェックしてみましょう。トマトソースやクリームソースをはじめ、和風のソースなどさまざまな種類がありますが、ここでは特に人気の高い3種類のパスタソースについてご紹介します。

◾️ナポリタン

喫茶店のメニューでおなじみのナポリタンは、トマトケチャップで味つけして炒めたパスタです。戦後の日本で生まれた日本独自のパスタとして知られています。ケチャップの甘酸っぱく濃厚な味わいが人気で、主食はもちろん地域によってはおかずとして食べることもあるのだとか。具材は玉ねぎやピーマン、ウインナーなどが定番ですが、ご家庭やお店によってベーコンやハム、マッシュルームなどを使うこともあります。

◾️ミートソース

ミートソースは玉ねぎとひき肉、トマトを使い、ウスターソースやケチャップ、砂糖などで甘く味つけしたパスタソース。ひき肉がたっぷりと入って食べ応えがあるのが特徴。濃厚なソースに負けない太めのパスタと合わせることが多いです。お子様から大人まで幅広い年齢層に人気のメニューです。

◾️ペペロンチーノ

ペペロンチーノの正式名称は「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」。オリーブオイルでニンニクと唐辛子を炒めたソースにゆでたパスタを加えて和える、オイル系パスタの一種です。スパゲッティーニやフェデリーニなど比較的細めのパスタと合わせるのが一般的です。イタリアの定番家庭料理で、日本には1970年代に広まったとされています。シンプルながらニンニクの豊かな風味やとうがらしの辛さがやみつきになるおいしさです。本来は具材を入れないパスタでしたが、日本ではベーコンやしらす、野菜類など、さまざまな具材を加えたアレンジも多く見られます。

覚えておきたい定番パスタレシピ

パスタに合う副菜をご紹介する前に、まずは先ほどご紹介したパスタのレシピをチェックしておきましょう!どれも簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

手軽に ナポリタン

トマトケチャップとウスターソースのみで味つけした、どこか懐かしい味わいのナポリタンレシピをご紹介します。ジューシーなウインナーや甘い玉ねぎ、ほろ苦いピーマンなどそれぞれの具材がナポリタンのソースと相性抜群です。途中でバターを加えたり、トッピングに粉チーズをかけているのでコク深い味わいに仕上がります。

濃厚ミートソースパスタ

お子様にも大人にも人気のある濃厚なミートソースパスタのレシピです。本来はトマト缶などを使って作りますが、ケチャップや赤ワインで煮込むだけでもコクのある味わいのミートソースに仕上がります。使う具材も豚ひき肉と玉ねぎだけととってもシンプル!ひき肉の旨みが凝縮されたソースがパスタに絡んで、食べ進める手が止まらなくなりますよ!牛ひき肉や合いびき肉を使うとさらに濃厚な味わいをお楽しみいただけますので、お好みの種類のひき肉で作ってみてくださいね。

簡単 ペペロンチーノ

シンプルながらも奥深い味わいが魅力のペペロンチーノはマスターしておきたいパスタのひとつ!このレシピでは香ばしいベーコンと旨味の強いマッシュルームをプラスして、風味豊かに仕上げました。ニンニクの香りをまとったオイルソースがパスタに絡み、やみつきになること間違いなしのおいしさです!ニンニクは弱火でじっくり炒めるのが、香りと旨みを引き出すためのポイントですよ。

パスタに合うメニューを種類別にご紹介!

メインがパスタの日はが主食の場合、サラダやスープなどを副菜にすることで全体のバランスがよくなります。さらにボリュームがほしいときには、食べ応えのあるおかずをプラスすれば満足感も高くなりますよ。

それでは早速、パスタによく合う副菜のレシピを見ていきましょう!

人気のカテゴリ