最終更新日 2021.8.4

弾ける食感がおいしい!とうもろこしのアイディアレシピ

夏が旬のとうもろこし

とうもろこしの旬は6~9月の暑い夏の時季です。太陽の光をいっぱい浴びてスクスク育ったとうもろこしは、甘味が増してみずみずしい弾ける食感が魅力です。
1年中手に入るとうもろこしですが、収穫されたばかりのとうもろこしのおいしさはまた格別。
生のとうもろこしはボイルされているものより低価格で購入できるので、ぜひこの機会に生のとうもろこしのおいしさを味わってみましょう。

おいしいとうもろこしの選び方

生のとうもろこしを購入する際、皮がないものもありますが、皮があったほうがおいしくゆで上がるので、皮付きのものを選ぶようにしましょう。皮が濃い緑色で太っているものが新鮮ですよ。
茶色に色づいたヒゲは完熟している証なので、茶色くてツヤがあるものを選びましょう。また、ヒゲの数は粒と比例しています。本数が多いものほど、実がぎっしりと詰まっていますよ。
粒はぎっしり端まで均等な大きさで並んで、ハリのあるものが良品です。

とうもろこしのおいしいゆで方

とうもろこしをゆでるのは意外と簡単なんです。フライパンでできるので、ぜひトライしてみてくださいね。ゆで方のポイントは、皮を2~3枚残してゆでることと、塩を入れてゆでることの2つ。

皮を残してゆでると甘味が逃げにくくなり、また、塩を加えることで甘味が際立ちます。お湯からゆでるとうもろこしは、シャキシャキと歯応えがよく、甘味が増したおいしいとうもろこしにゆで上がりますよ。

人気のカテゴリ