2022.3.8

「おでん」の具といえばこれ!おすすめの具材をまとめてご紹介

寒い季節に食べたくなる料理といえば、あつあつのおでん!市販のものもおいしいですが、出汁からていねいに作ったおでんは格別のおいしさですよね。今回は、定番の「おでんの具」やおすすめのレシピ、基本の下ごしらえなどをご紹介します。おでんのリメイクレシピも合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

定番!人気のおでん具材

まず最初に、定番のおでんの具を5品ご紹介します。おでんはかつお昆布出汁で煮込むのが一般的ですが、そこに具材の旨味が加わることで奥深い味わいに仕上げることができます。おいしく仕上げるためには、少なくても5品以上の具材を揃えるのがおすすめですよ。加えるタイミングや下ごしらえのポイントも合わせてご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

◼︎大根
おでんの具材で特に人気が高いのは、じんわりと味が染み込んだ大根です!「大根を食べればおでんの味が分かる」と言われるほど、出汁のおいしさをダイレクトに楽しめます。生のまま加えるとアクが出てしまうので、下ゆでしたものを煮込みの最初に加えましょう。

◼︎ゆで卵
ホクホクのゆで卵は、大根と並んで人気のある具材です。味が染み込むのに時間がかかるので、最初に加えてコトコトと煮込むことがおいしく仕上げるポイントですよ。

◼︎こんにゃく
プリプリと歯ごたえのいいこんにゃくは、おでんのいいアクセントになります。味が染み込みやすくなるように、表面に切れ込みを入れてから下ゆでし、煮込みの最初に加えるようにしましょう。

◼︎はんぺん
練り物の中で特に人気が高いのが、ふわふわのはんぺんです。煮崩れしやすいので、仕上げに加えてサッと煮込む程度にしましょう。

◼︎ちくわ
ちくわにはさまざまな種類がありますが、煮込み用のものを使うと出汁をたっぷりと吸ってふっくらとした食感に仕上がります。煮すぎると旨味が抜けてしまうので、煮込みの中盤に加えましょう。

大人気!練り物の具材

魚のすり身や豆腐で作られる練り物は、おでんに欠かせない具材です。練り物の出汁がほかの具材に染み込むことで、あっさりとしていながらも旨味たっぷりに仕上げることができます。練り物を煮込む時間は10〜15分程にして、素材のおいしさを活かすことがポイントですよ。

◼︎さつま揚げ
さつま揚げなど油で揚げてある練り物は、熱湯をかけて油抜きしてから使いましょう。そうすることで味が染み込みやすくなるうえ、雑味が少なくすっきりとした味わいに仕上がります。玉ねぎ天、タコ天、ごぼう巻き、ウインナー巻きなどさまざまな種類があるので、お好みのものをお選びくださいね。

◼︎ちくわぶ
関東で人気のちくわぶは、塩と小麦粉を練り合わせてちくわのように成形したものです。もちもちとした食感が魅力ですが、しっかりと煮込むと出汁を吸ってとろとろになります。こちらは中盤に加えて、お好みの煮込み加減でいただきましょう。

◼︎がんもどき
じゅわーっと出汁が溢れるがんもどきは、豆腐に具材を加えてふわふわに揚げたものです。煮込みすぎると崩れてしまうので、油抜きしたものを煮込みの後半で加えるようにしましょう。

◼︎厚揚げ
しっとりとした食感の厚揚げも、おでんに欠かせない具材のひとつ。こちらも油抜きしたものを煮込みの後半に加えて、煮崩れないようにやさしく扱いましょう。

◼︎餅きんちゃく
根強いファンが多いのが、油揚げに餅を入れた餅きんちゃくです。出汁が染み込んだ油揚げと、とろーっとやわらかい餅の組み合わせはまさに絶品ですよね!煮込みすぎると餅が溢れてしまうので、煮込みの後半に加えて味を染み込ませましょう。

ボリューム満点!肉の具材

近年人気を集めているのが、牛すじやウインナーなど肉を使った具材です。肉を加えることでボリュームが出るうえ、お子様にも親しみやすい味わいに仕上げることができますよ。

◼︎牛すじ
牛すじを加えると、旨味がグンと増して豪華なおでんに仕上がります!そのまま加えるとアクが出てしまうので、しっかりと下ゆでするか圧力鍋でやわらかくしたものを、串に刺してから使いましょう。煮込みの最初に加えて、じっくりと旨味を引き出すことがポイントですよ。

◼︎ウインナー
お子様に人気の具材といえば、やはりウインナー!パリッとジューシーな味わいはもちろん、洋風の旨味が加わることで出汁のおいしさがアップします。煮込みの後半に加えて、ジューシーな味わいを活かしましょう。

◼︎手羽先・手羽元
手羽先や手羽元を加えると、ボリュームが出るうえにコクのある味わいに仕上がります。切り込みを入れて下ゆでしたものを最初に加えて、ホロッとやわらかくなるまで煮込みましょう。

◼︎つくね
幅広い世代に人気のつくねも、おでんの具材におすすめです。焼いてあるものを使えば、香ばしい風味が加わって出汁の旨味がアップしますよ。煮込みすぎると崩れてしまうので、後半に加えましょう。

人気のカテゴリ