2020.2.28

使い方は無限大!【干しエビ】の活用レシピ15選

実は名脇役!?干しエビの魅力

小さいながらも、エビのうま味がギュッと濃縮した「干しエビ」。脇役なイメージのある食材ですが、料理の味に深みを与えたり、風味をプラスしてくれたりと、欠かせない存在なんです。

そのまま具材としてチャーハンに加えたり、青菜とともに炒めたりすれば、料理の味が格段にアップします。またお湯で戻してスープや炊き込みごはんに活用すれば、エビのうま味が溶け出した風味豊かな料理に変身します。

下ごしらえ不要で手軽に使えることから、干しエビをご家庭に常備されている方も多いのではないでしょうか?今回はかき揚げなどの副菜から、定番のチャーハンや炊き込みごはん、パスタなどの主食まで、魅力満載の干しエビ活用レシピをご紹介します。

もっちりサクサク!干しエビ入り野菜かきあげ

まず最初にご紹介するのは、干しエビとあおさ入りの野菜のかき揚げです。かき揚げにおもちを入れることで、もっちり食感とサクサク食感が同時に楽しめますよ。干しエビとあおさの風味がふんわりと香り、箸が止まらないおいしさです。

天ぷらの衣を作る際は、冷水を使用し、あまりかき混ぜないでさっと混ぜる程度にしましょう。また野菜には薄力粉をうっすらとまぶしてから、天ぷら衣につけてくださいね。そうすることで、カラッとしたかき揚げに仕上がりますよ。 

手軽に!チンゲン菜と干しエビの中華スープ

ご家庭にある調味料で手軽に作れる、チンゲン菜と干しエビの中華スープです。干しエビから出る出汁が鶏ガラベースのスープに深みを出し、全体の味をぎゅっと引き締めてくれます。メインが中華料理の時はもちろん、朝食にもおすすめですよ。

チンゲン菜は、沸騰させたスープに入れたら中火で1~2分位煮て、軽く火が通る程度に仕上げてくださいね。シャキシャキ食感が楽しめるスープになりますよ。

人気のカテゴリ