2019.9.18

【レーズン】を使ったおすすめレシピ15選

レーズンをお菓子や料理に取り入れてみよう!

ぶどうを干して乾燥させたドライフルーツの一種「レーズン」。ぶどうの果実がぎゅっと濃縮されたレーズンは、甘酸っぱいフルーティーな味わいとレーズン特有の食感が魅力です。そのまま食べるのはもちろん、お菓子や料理に使ってもおいしい食材です。

レーズンは乾燥させたまま使ってもおいしいですが、お湯につけて戻すとやわらかくなり、ドライフルーツとはまた違った味わいが楽しめます。また、ラム酒に漬け込んだラムレーズンは洋菓子に使うことが多く、芳醇なラム酒の香りで高級感のある風味に仕上がります。今回は、スイーツからおかずまで楽しめる、レーズンを使ったレシピをご紹介します。

市販のクッキーで簡単!レーズンバターサンドクッキー

まずはじめにご紹介するのは、市販のクッキーを使って簡単に作れるレーズンバターサンドです。ラム酒に漬け込んだレーズンと、ホワイトチョコレートが入ったバタークリームをサクサクのクッキーでサンドしました。

ラム酒とラムレーズンのダブル使いをしたリッチな味わいは、まさに大人が楽しむためのスイーツ。紅茶やコーヒーはもちろん、ワインのお供にもぴったりの一品です。

バタークリームとレーズンの両方にラム酒を使っていますが、バタークリームの方はラム酒を減らしてお作りいただいても構いません。ラムレーズンのみでも風味よく仕上がります。

リッチなおいしさ!ラムレーズンの生チョコタルト

ラムレーズンがたっぷり入った生チョコタルトはいかがでしょうか。ホワイトチョコレートのミルキーな甘みと、有塩バターの塩味が相性抜群。生チョコのクリーミーな口溶けに、刻んだラムレーズンの食感が絶妙なバランスです。ラム酒香るおしゃれなスイーツは、ワインなどの洋酒と一緒に食後のデザートで楽しむのもおすすめですよ。

生チョコの生地をプチタルト台に入れたら、レーズンをトッピングして冷蔵庫で1時間程冷やし固めて完成です。市販のプチタルト台を使ってお手軽に作れるので、ぜひお試しくださいね。

人気のカテゴリ