2019.9.18

【わさび】を活用したアイデアレシピ15選

日本の食文化に欠かせない「わさび」

お寿司や刺身、お蕎麦の薬味など、普段の食生活に欠かせない「わさび」。ピリッとした辛みと、爽やかな風味が特徴です。この辛み成分には殺菌効果があり、生臭みを消したり、素材の風味を引き立てる働きをするため、生ものに合わせていただくのが効果的なんですよ。

生のわさびの主な産地は、静岡県・長野県・島根県など。渓流やきれいな湧き水の地域で栽培されています。加工品として、チューブ入りのものや粉末状のものがスーパー等に多く出回っており、ご家庭でも手軽に使うことが出来ます。

そんな生ものの薬味のイメージの強いわさびですが、お刺身以外にもさまざまな料理に活用出来るんです。今回は、わさびを使ったアイデアレシピ15選をご紹介します。

大人の味わい!わさび入りバター炊き込みご飯

わさび風味のバター炊き込みご飯です。ミックスベジタブルを使用しているので、手軽にお作りいただける簡単レシピです。コクのあるバターごはんに風味豊かなわさびを合わせることで、大人の味わいの炊き込みご飯に仕上がりますよ。

わさびはごはんと一緒に炊きこまず、あとからのせることで、わさびのピリッとした辛さと風味が引き立ちます。お好みでわさびの量は調整してくださいね。

はまる人続出!アボカドとチーズの和風スパゲッティ

わさび香る、アボカドとチーズの和風スパゲッティです。間違いない組み合わせのアボカドとワサビしょうゆをパスタと合わせました。ゴロっと入ったプロセスチーズのコクも、しょうゆ味のパスタによく合いますよ。わさびの風味がほんのりと香り、食が進みます。

1cm角に切ったプロセスチーズは火が通りやすいので、一番最後に加えてサッと仕上げてくださいね。そうすることで、チーズの存在感が楽しめます。また、プロセスチーズはモッツァレラチーズに代用してもおいしくお作りいただけますよ。

箸が止まらぬおいしさ!うま味たっぷり焼き豚丼

わさびと大葉でさっぱりといただく焼き豚丼です。豚バラ肉を焼いてシンプルに塩で味をつけ、かつお節とのり、わさびでうま味たっぷりに仕上げました。ピリッとして爽やかなわさびの風味がアクセントになり、脂分の多い豚バラ肉がさっぱりといただけます。あまりのおいしさに、箸が止まらなくなりそうですね。

豚バラ肉は、薄切りのものを使うことで早く火が通りますよ。また、豚バラ肉は脂が多いので、焼くときは油をしかずに焼き、表面はカリッとするまでよく焼いてくださいね。

夜食におすすめ!野沢菜とわさびのお茶漬け

さっぱりとした味わいの、野沢菜とわさびのお茶漬けです。シャキシャキとした歯応えの野沢菜の漬物と、爽やかな風味のわさびをのせたお茶漬けは、食欲を刺激しながらも身体に優しくしみわたります。サラサラッといただけるので、お酒を飲んだ後や夜食にもおすすめですよ。

調理方法はいたってシンプルです。白いごはんに出汁をかけたら、みじん切りにしてわさびと和えた野沢菜の漬物をたっぷりとのせるだけ!野沢菜の漬物の代わりに、お好きな漬物でも代用できますので、ぜひアレンジしてみてくださいね。

あっさり!しめじと小松菜の和風スパゲッティ

しめじと小松菜の和風スパゲッティです。ゆでた具材とパスタをわさび入りのソースと和えるだけで簡単に作ることが出来ます。バターしょうゆのコクにわさびの爽やかな風味が加わり、あっさりといただけますよ。

パスタのゆで汁は30ml取り分けて、わさび入りのパスタソースに加えてください。パスタとソースが絡みやすくなります。またバターは固形の状態で入れてもゆで汁やパスタの余熱で溶けるので、完全に溶け切らなくても大丈夫ですよ。

箸が止まらぬおいしさ!なすと鶏肉のバターしょうゆ炒め丼

しょうゆの香ばしさとバターのコクがあとを引く、なすと鶏肉のバターしょうゆ炒め丼です。濃い目の味付けが白いごはんとよく合い、箸が止まらなくなりますよ。ごはんの上にのせて丼にするのはもちろん、そのままお酒のおつまみにしたり、お弁当のおかずにするのもおすすめです。

おいしく作るポイントは、鶏むね肉には片栗粉と調味料をよく揉みこんでから焼くこと。固くパサパサになりがちな鶏むね肉が、しっとりと柔らかに仕上がりますよ。

おつまみに!ささみとアボカドのわさびユッケ風

お酒のおつまみにも最適な、ささみとアボカドのわさびユッケ風です。淡白なささみとアボカドをわさびで和え、卵黄をのせてユッケ風に仕上げました。卵黄を絡めたまろやかな味わいのユッケに、わさびのピリッとした風味がアクセントになり、お箸もお酒もつい進んでしまいそうですね。

1cm角に切ったささみは、沸騰したお湯で火が通るまで2分ほどゆでてから冷水にとりましょう。ユッケが水っぽくならないよう、水気をしっかりと切ってから調味料と和えてくださいね。

5分で簡単!うま味たっぷりおかか卵かけごはん

わさびしょうゆでいただく、おかかのせ卵かけごはんです。熱々のごはんの上に、たっぷりのおかかと刻みのり、ネギのみじん切りをのせ、わさびしょうゆを回しかけただけのスピードメニューです。今まで卵かけごはんにはしょうゆだけだった方も、ぜひわさびしょうゆでお試しください!調理時間わずか5分で簡単に作れるので、忙しい朝食にも最適ですよ。

今回ご紹介したレシピでは、小さじ1のわさびを使用していますが、辛いのが苦手な方やお子さまにはわさびの量を調整してくださいね。ダマにならないようにしっかりと混ぜ合わせましょう。

電子レンジで簡単に!人参とニラのわさびマヨ和え

箸休めにぴったりな、人参とニラのわさびマヨ和えです。人参は電子レンジで加熱するので、料理初心者さんでも簡単に調理できますよ。わさびは意外にマヨネーズとも相性がよく、まろやかな中にツンとしたわさびの辛みが心地よく鼻に抜けます。簡単に作れるので、箸休めにはもちろん、急にお酒のおつまみが欲しくなったときにも便利ですよ。

人参は電子レンジで柔らかくしてから、ニラは生のまま調味料と和えてください。時間がたつと野菜から水分が出て水っぽくなってしまうので、召し上がる直前にわさびマヨネーズで和えてくださいね。

意外な組み合わせ!ミニトマトのとろろがけ

ミニトマトにとろろをかけただけの、スピードメニューです。意外な組み合わせですが、酸味のあるトマトと、とろろの食感が不思議とよく合う一品です。調味料はなんと、めんつゆとわさびのみ!5分ほどで簡単に調理できるので、夕食にあと一品欲しいというときや、ちょっとしたお酒のおつまみにもおすすめですよ。

ミニトマトは切らずにそのままでもお使いいただけますが、半分に切ったほうがとろろがよく絡むのでおすすめです。お蕎麦や豆腐にのせても、おいしくいただけます。

クセになるおいしさ!香味野菜のわさびドレッシングがけ

春菊や三つ葉などの香りの強い野菜を、わさびドレッシングで和えたグリーンサラダです。鍋に入れたりゆでていただくイメージの強い春菊ですが、サラダにしてもおいしいんです! クセの強い野菜も、こちらでご紹介した特製わさびドレッシングをかけることで、もりもりと食べられますよ。

自家製ドレッシングには、オリーブオイルに風味豊かなわさびを加えています。ドレッシングのピリッとした味はクセになりますよ。隠し味には昆布茶を小さじ1入れることで、さらに奥深い味わいになります。

大人味!わさび風味のマッシュポテト

わさび風味のマッシュポテトのご紹介です。なめらか食感でまろやかなマッシュポテトにピリッと爽やかなわさびが加わり、大人味のマッシュポテトに仕上がりました。フランスパンにのせていただくのはもちろん、さっぱりとしているので、こってりとしたお肉料理の付け合わせにするのもおすすめですよ。

じゃがいもは、電子レンジを使用して簡単に柔らかくしましょう。一口大に切ったじゃがいもを耐熱ボウルに入れて、600Wの電子レンジで5分ほど加熱します。じゃがいもの表面が乾かないように、水で濡らしたキッチンペーパーをのせてラップでくるんでから加熱してくださいね。

わさび香る!きのこ入り和風ハンバーグ

わさびの風味がほんのりと香る、きのこ入り和風ハンバーグです。わさびは加熱するとピリッとした辛みが抜け、わさび特有の爽やかな風味が引き立ちます。エリンギや椎茸、豆腐でかさまししたハンバーグは、ボリューミーながらもあっさりとしているので、女性でもペロリといただけますよ。わさびとポン酢でさっぱりとお召し上がりくださいね。

丸く成型したハンバーグは、中火で両面に焼き色がつくまで焼きましょう。その後蓋をして弱火に落とし、ハンバーグにじっくりと火を通すことで、ふっくらとしたハンバーグに仕上がりますよ。

相性抜群!ブリのカルパッチョ

わさびと言ったら、やっぱり生ものは欠かせませんよね!お刺身と相性抜群のわさびしょうゆに、オリーブオイルとレモン汁を合わせてソースを作り、ブリのお刺身にかけました。脂ののったブリと、ピリッとした風味のわさびがよく合い、箸が止まらぬおいしさです。見た目にも華やかに見えるので、パーティーなどのおもてなしにもぴったりですよ。

ブリは刺身用の柵(刺身用の大きな切り身)を使用して、5mmの幅にそぎ切りしてください。柵が手に入らない場合や時間がない場合は、あらかじめ切れているお刺身を使用すれば、より短時間で手軽にお作りいただけますよ。

わさびがおいしさの秘訣!マグロのタルティーヌ

わさび風味のマグロのタルティーヌです。ネギトロ用のマグロを使って、手軽におつまみを作ってみましょう。和の食材のネギトロに、洋の食材のフランスパンが意外とよく合いますよ。和洋折衷のこちらの一品は、お酒のおつまみにおすすめです。また手軽につまめるので、パーティーやオードブルにもぴったりですよ。

カットしたフランスパンにマグロのタルタルを塗るときは、へらを使ってジェラートのようにこんもりと盛り付けると、見た目もオシャレでよりおいしそうに見えますよ。

パスタもお肉もさっぱりいただける「わさび」

いかがでしたか?薬味だけでなく、パスタやお肉までさまざまな料理に活用できるわさびのアイデアレシピをご紹介してきました。お気に入りのレシピは見つかりましたか?冷蔵庫の中に余りがちなわさびを使って、いつもとはちょっと変わった味わいをお楽しみくださいね。

人気のカテゴリ