2019.12.27

これさえ見れば大丈夫!【おせち料理】を手作りしてみよう

お正月に欠かせない「おせち料理」

お正月といえば「おせち」。ひとつひとつのおかずにおめでたい意味やいわれがたくさん込められた、お祝い料理です。「よろこぶ」にかけて昆布を入れたり、「腰が曲がるまで長生きできますように」という願いを込めた海老などが有名ですよね。

手作りおせちに挑戦してみよう!

おせち料理をきちんと作ろうと思うとなかなか大変ですが、ちょっとした時短のコツや簡単なアレンジレシピを活用することでぐっとハードルが下がりますよ。また、全てを手作りしなくても構いません。作れそうなものや、たくさん食べたいものだけ手作りに挑戦してみるのもいいですね。

今回ピックアップしたのはこちらのメニュー。栗きんとんや黒豆煮など、おせち料理の中でも定番のレシピから、かまぼこの飾り切りなど見た目を華やかに彩るポイントまでご紹介します。お気に入りのレシピが見つかりますように。

・おせちの詰め方
・オーブンでできる伊達巻
・栗きんとん
・酢だこ
・野菜の炊き合せ
・黒豆煮
・たたきごぼう
・数の子の土佐漬け
・かまぼこの飾り切り
・鮭の昆布巻き
・松風焼き
・有頭海老の煮物
・紅白なます
・田作り

三段重のおせちの詰め方

まずご紹介するのは、三段重のおせちの詰め方です。おせち料理では、「めでたさ、福を重ねる」という願いをこめて重箱に詰める習わしがあります。基本的に、重箱の一番上には前菜、2段目にはメインの料理や酢の物、そして3段目に煮物を詰めます。ポイントを押さえればまるでお店で売っているような仕上がりになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

重箱にはすきまが出来ないよう、奥からきっちり詰めていくとパッと華やかに美しく仕上がります。似た色のものは離して詰めてくださいね。

オーブンで簡単!伊達巻

おせちの定番のひとつ、伊達巻。卵の鮮やかな黄色と茶の焼き色が渦を描く様が美しく、おせちを華やかに演出してくれる存在です。そんな伊達巻を手作りするときにおすすめなのが、オーブン。フライパンや玉子焼き器よりも簡単にきれいに作れますよ。ぜひ試してみてくださいね。

巻きすで巻いた伊達巻は、粗熱が取れる前に外してしまうと形が整わず崩れてしまいます。レシピ通り、粗熱が取れるまで30分程触れないようにしましょう。

おせちの定番!栗きんとん

おせちに欠かせない存在のひとつ、栗きんとん。さつまいもと栗が持つ素材の味が活きた、素朴な甘さが人気です。栗きんとんの鮮やかな黄色の秘密は、くちなしの実。くちなしの実を入れることで発色が良くなり、ぱっと目を引く美しい黄金色に仕上がりますよ。

さつまいもの皮を薄く剥くと筋が残り、口当たりが悪くなります。皮の内側にうっすら見える筋の部分を残さないよう、厚めに剥くように心がけましょう。

お手軽!簡単酢だこ

ゆでたタコの甘みと爽やかな酸味が絶妙にマッチした、酢だこ。作り方はとても簡単で、合わせ調味料にゆでたタコを漬けるだけ。あっという間におせち料理の一品が出来上がります。少し冷やして味をなじませるとよりおいしくいただけますよ。

三杯酢を使った合わせ調味料は、キュウリやワカメ、エビ、イカなどとも相性抜群です。おせち料理はもちろん、普段の食卓の副菜にも活用してみてくださいね。

おせちやおもてなしに!野菜の炊き合わせ

色とりどりの見た目がかわいらしい、野菜の炊き合わせはいかがですか?ひとつひとつの野菜を丁寧に下処理したら、それぞれの具材に合わせて3回にわけて煮込みます。手間がかかる分、味、見た目ともに抜群の一品に仕上がりますよ。一年に一度のお正月、家族の健康と幸せを願いながら作りましょう。

花形に切ったれんこんやにんじんなど「飾り切り」を取り入れることでおせちがぱっと華やかになります。おせち以外にもひな祭りやお食い初めなど特別な日に大活躍しますよ。この機会にぜひ覚えてくださいね。

蒸し黒豆で簡単!黒豆煮

前日から下準備をしたり、長時間煮込んだり、1から黒豆煮を作ると手間暇と時間がかかりますよね。そこでご紹介するのがこのレシピ!黒豆煮を手軽に作りたいときにおすすめの「蒸し黒豆」です。蒸し黒豆を使えば、20分前後の時間で簡単に作ることが出来ますよ。ほんのり甘くてじんわりおいしい、つやつやの黒豆煮をお楽しみください。

煮込む際、黒豆が煮汁から出て空気にふれると乾燥し、せっかくの豆にシワがよってしまうので要注意。それを防ぐためのポイントが、落し蓋です。落し蓋をすることで豆を煮汁の中に閉じ込めることが出来るので、きれいな黒豆煮に仕上がります。

おせち料理の一品に!たたきごぼう

おせちにはもちろん、普段のおかずにもぴったりなたたきごぼうのご紹介です。味が染み込みやすいように叩いたごぼうにごま風味の和え衣がしっかり絡み、たまらないおいしさです。甘酸っぱい味わいも爽やかで、箸休めにもぴったりですよ。

ごぼうは長さをそろえて切ると食べやすい上、きれいに盛り付けることができます。極端に太いところは半分に割っても良いでしょう。

プチプチ!数の子の土佐漬け

子宝と子孫繁栄という願いが込められている数の子。古くからおせちに使われている縁起の良い一品です。作り方はとても簡単で、下処理さえこなしてしまえば、あとはかつお節の風味が活きた合わせ調味料に漬けるだけで出来上がります。数の子のプチプチ食感もお楽しみください。

数の子の塩抜き レシピ・作り方

数の子はそのままでは塩辛いので、調理する前に塩を抜く必要があります。動画では紹介していませんが、レシピの「準備」に記載されている通り、前日にほんのり塩味が残る程度に塩抜きをしておきましょう。

かわいい!2種のかまぼこの飾り切り

日の出を象徴するかまぼこは、おせちに無くてはならない存在です。一見難しそうにも見えるかまぼこの飾り切りですが、今回ご紹介する2種類はとても簡単。切り込みを入れてくるっとくぐらせるだけで、目で楽しめるかわいらしいかまぼこが出来上がります。ぜひ挑戦してみてくださいね。

かまぼこの飾り切りは、おせちやお食い初めやひな祭りなどのお祝いの席にぴったり。ふだんの食卓やお弁当に添えるのにも便利です。特別感が出て、一気に華やかになりますよ。

おせちの一品に!鮭の昆布巻き

健康長寿の願いが込められた昆布。そんな昆布を使って、鮭の昆布巻きを作りましょう。塩鮭と早煮昆布を使うので、あっという間に出来上がります。柔らかい口当たりがしみじみおいしく、お年寄りから小さい子供までおいしくいただけますよ。

昆布は煮ると膨らみます。昆布巻きのかんぴょうは、少し余裕を持って巻くようにしましょう。力を入れすぎると切れてしまうので気を付けてくださいね。

オーブンで簡単!松風焼き

蒸し器などを使わずともオーブンで簡単に作れる松風焼きのご紹介です。香ばしいごまと甘い赤みそ、ジューシーな鶏ひき肉が絶妙にマッチし、想像以上のおいしさを堪能できますよ。しっとりとした食感もあわせてお楽しみください。

オーブンで焼くと肉だねが膨らむことがあります。それを防ぐために、肉だねを型に入れて平らにしたらトントンと型ごと落として空気抜きをしましょう。さらに竹串2~3本で全体を細かく刺して穴を開けておくとより安心です。

お手軽だけど豪華なおせち!有頭海老の煮物

おせちのメインといえば、海老。手間がかかりそうなイメージがありますが、実はめんつゆを使えばとても簡単に作れるんです。材料は、有頭海老、みりん、めんつゆの3つだけ。下処理を施した有頭海老をめんつゆとみりんでさっと煮るだけで、感動するほどの絶品が出来上がります。おいしくて、見た目も豪華なのにとてもお手軽。とっておきの一品を、ぜひ作ってみてくださいね。

砂などの不純物が混じった海老の背ワタは、皮を剥くときに一緒に処理しておきましょう。口当たりがよく、見た目もキレイに仕上がりますよ。

爽やか!柚子入り紅白なます

大根の白と人参の紅が美しい紅白なますを作りましょう。今回は柚子の器に入れて、華やかに仕上げました。ふわっと香る柚子の香りもたまりません。万人好みのさっぱりとした味わいをじっくりお楽しみください。

大根と人参の水切りが甘いと水分で味がぼけてしまいます。これでもかというほど力を入れて水分を出し切ってあげると、時間が経ってもおいしくいただけますよ。

おせちに欠かせない!基本の田作り

最後にご紹介するのは、豊作を祈願する祝い肴、田作りです。ほろ苦い甘さとシャクシャクとした歯ごたえで、箸が止まらないほどやみつきになってしまう一品です。気をつけるポイントは、和え方。たれは冷えると固まってしまうので、アツアツの内に小魚と和えましょう。小魚1本1本に甘辛いたれがよく絡んで、とてもおいしく仕上がりますよ。

アーモンドや小さく砕いたクルミも入れると香ばしさ、歯ごたえともにワンランクアップします。そのまま入れてもおいしいですが、イワシと一緒にさっと焼き色がつくまで炒めるともっと香ばしくなりますよ。

手作りおせちを家族や親戚とおいしくいただこう

一見難しそうに見えますが、意外と簡単に作れる「おせち」。一生懸命作ったおせちを家族や親戚とわいわい楽しくおいしくいただけば、とても幸せな気持ちになりますよ。ですが、何かと忙しい年末に全てのおかずを作るのはとても大変なことです。作れるものから作って、作れなかったものは購入して揃えるなど、気楽に取り組んでくださいね。

人気のカテゴリ