最終更新日 2021.12.6

これさえ見れば大丈夫!【おせち料理】を手作りしてみよう

お正月に欠かせない「おせち料理」

お正月といえば「おせち」。ひとつひとつのおかずにおめでたい意味やいわれがたくさん込められた、お祝い料理です。「よろこぶ」にかけて昆布を入れたり、「腰が曲がるまで長生きできますように」という願いを込めた海老などが有名ですよね。

手作りおせちに挑戦してみよう!

おせち料理をきちんと作ろうと思うとなかなか大変ですが、ちょっとした時短のコツや簡単なアレンジレシピを活用することでぐっとハードルが下がりますよ。また、全てを手作りしなくても構いません。作れそうなものや、たくさん食べたいものだけ手作りに挑戦してみるのもいいですね。

今回ピックアップしたのはこちらのメニュー。栗きんとんや黒豆煮など、おせち料理の中でも定番のレシピから、かまぼこの飾り切りなど見た目を華やかに彩るポイントまでご紹介します。お気に入りのレシピが見つかりますように。

・おせちの詰め方
・オーブンでできる伊達巻
・栗きんとん
・酢だこ
・野菜の炊き合せ
・黒豆煮
・たたきごぼう
・数の子の土佐漬け
・かまぼこの飾り切り
・鮭の昆布巻き
・松風焼き
・有頭海老の煮物
・紅白なます
・田作り

三段重のおせちの詰め方

まずご紹介するのは、三段重のおせちの詰め方です。おせち料理では、「めでたさ、福を重ねる」という願いをこめて重箱に詰める習わしがあります。基本的に、重箱の一番上には前菜、2段目にはメインの料理や酢の物、そして3段目に煮物を詰めます。ポイントを押さえればまるでお店で売っているような仕上がりになるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

重箱にはすきまが出来ないよう、奥からきっちり詰めていくとパッと華やかに美しく仕上がります。似た色のものは離して詰めてくださいね。

人気のカテゴリ